[ 福岡の天気 ] ・[ ページの 最後へ ] ・[ 表紙に戻る ]   
 Last updated(Ap版): 2016 - January 1997.   Kajiyama 図の学の仮想教室、ご利用ありがとうございます.
ロゴ1
  Virtual Classroom for Engineering Graphics and Design
図学の教育サービスと付属施設の総合案内
ロゴ2

  ■ 目 次

仮想図学教室紹介

事務室紹介

教室の掟

図学の教育と研究の内容


授業紹介

図学教室の講義科目の変遷

梶山の講義要目

授業の内容

・graphicsの基本概念
・webの基礎知識
・デザイン製図と空間把握
・テクニカルライティング(HTML)
・テクニカルデータプレゼンテーション
 (R言語)
・テクニカルドロ−イング(Jw_cad)
・テクニカルモデリング
 (PovRay/SketchUP/CAAD)
・コピペプログラミング入門


CG/CADリテラシ−教育

・ものづくり・デザイン道具のCG/CAD
・ものの形状をモデリング
 ・ワイヤーフレーム
 ・サーフェイス・ソリッド


CADによる設計製図教育

・建設技術者のための2D/3D-CAD
・建築技術者のための2D/3D-CAD
・技術者のための3D-CAD

空間デザインのケーススタディ


レンダリング教育

・ 透明水彩画による建築透視図
・ペン画による建築透視図


デザインのための野外調査
・友泉亭公園の伝統的デザイン
・博多どんたく
・博多祇園山笠
・田島神社の神楽

付属教育研究施設

会議室
ライブラリ
ミュージアム
シアター
社会人向け仮想講義室


カフェ

・インターネット入門
どんな時代にも、未来を描くグラフィックス(図学)は必要です.授業は、楽しくわかりやすく、品位をもって開講しました.

A. 仮想図学教室紹介
  ■ 事務室紹介
仮想事務室設立1987年4月、 1997年1月より仮想教室での営業を開始しました.

1. グラフィックスの研究活動

2. 図学教室の建物案内と、大学までの交通案内

3. 大学の学年暦   仮想教室の 時間割

4. 仮想教室案内 (2016年度より,webでの座席案内は中止)
  ■ 仮想教室との連絡

1.今年の受講生はこれまでの中で最高の学生です.

2. 事務室から利用者・受講生へのお知らせ

3. 仮想教室ではホームページでの連絡の他に、メール、ネットニュース、 会議室を使用して、教室との連絡・案内、授業での質疑応答、出席の確認、息抜きなどを行っています.

4. 仮想教室の利用状況 (中止)

  ■ 授業の風景: 授業の雰囲気を紹介していました.
1. 授業の様子をアルバムで紹介していました.
2. 受講者の授業についての感想や意見を紹介していました.

  ■ 仮想教室の掟:基本の基本を知ってもらいたい.
1. 大学では何でも疑い続けます
・愛と宗教は信じることから始まります.
・科学・技術は疑うことから始まります.
・仕事と作業は区別することから始まります.(学生時代に学んでください)

あなた方は、学校・塾や参考書や先生を信じることから受験勉強を始めました? 記憶の量ならもはやgoogleにはかないません.大学の学問は、先生や教科書を疑うことから始めてください.それが普通です.批判的な精神(教養)を持つようになることは,大学人としてうれしいことです.

2. 大学では好奇心という感情を持ち続けます
・疑うことができたら、好奇心を持ってください.

ここから技術と科学が始まりました.好奇心の本に、「"世界のたね"、アイリック・ニュ−ト著、猪苗代英徳訳、NHK出版、Eirik Newth,"Jakten pa sannheten"」があります.技術と科学を志す人は、高校でこの本を前もって読んでください.真理を追い求める科学の物語です.今からでも遅くはありません.

3. 大学では欲望を持ち続けます
・アメリカで食べる寿司はまずい.日本で食べる中華料理はまずい.
・香港や広州で食べる中華は美味いし、日本で食べる寿司は美味い.
・このギャップを埋めるためには、腕のよい料理人をつれてくればよいと考える.

そうでしょうか.原研哉が指摘するように、問題は料理人だけではなく客にもあります.美味しい料理に対して、口うるさい客の数はどの国が多いでしょうか.寿司だったら日本、中華なら中国、客の水準が低いところではそれなりの料理しか作りません.客も料理人と一緒に料理を作っていることを自覚しましょう.美味しい料理に対する欲望を持ってほしい.

大学もそうです.学生も教職員と一緒に学校を作っていることを自覚しましょう.客はお店や料理人を選べますが、注文した料理は食べなくてはなりません.他に店がなければお店の質を変えていくことが賢明です.お店の人も店が無くならないように客と一緒に美味い料理をつくり続けましょう.

さらに大切なのは,不平不満を持つだけでなく,
よい客は未来の料理を期待し,よい料理人は未来の料理を作ることを期待されていることを自覚しています.
あなたの欲望は,大学の過去と未来を紡ぎます.

4. 大学改革で、大学は遊ぶところではなくなりました
学生は、溝上慎一が言うように、次の事柄が問われています.
・授業が面白かったら勉強するけど、面白くなかったらさぼる.
・わかりやすい授業でないことを理由に、あなたはその科目を勉強をしなくてよいですか.

そんなあなたの受け身の姿勢が通じない学校に大学は変わりつつあります.いろんな改革で、中身は大学ではなくて職業学校の学部や学科もあります.大学生の身分と学生生活を取り戻してください.

・大学は,制度いじりが好きな企業家・官僚・政治家・大学人によりこの30年,タカアンドトシの「欧米か!」が進行してきた.日本の大学に「欧米を接ぎ木」して欧米の大学になる日も近い?
この地の大学にとって,平安の頃,福岡大宰府に来た「国風文化」を唱えた菅原道真の思いも忘れてはならないであろう.(外人好きの反省を込めて)

 高等教育サービス向上の履歴?
・2011(平成23)年度より半期15回の授業確保の学年歴に変更.期末試験は日曜も行う.
・2009(平成21)年度より祝日休日授業を実施する.
・2004(平成16)年度より正式に半期14回の学年歴に変更.
・2003(平成15)年度より半期14回の授業確保に変更になる.土曜日に振替授業を.
・2001(平成13)年度より昼休み時間が短くなる.
・1998(平成10)年度より一部のクラスの定員120名を二つに分けた
 クラス編成(aクラスとbクラス)に変える.小規模クラスと称する.
・1993(平成5)年度よりこれまでの通年科目を,半期の前期・後期の2つの科目名
 (図学を図学Iと図学II)に分割するセメスターモドキになる.同時に単位数もサービス.

5. もう「金の卵」でないあなたは「13歳のハローワークの職業教育」を
 大学生活で引きずらない.これはこれで良い教材ですが.

・「この授業は公務員試験にでますか.」と私に聞かないでください.
・「この授業は期末試験にでますか.」の質問までは理解できます.
入社試験準備学校でない大学もこの世にはまだ存在しています.

「金の卵」でないあなたは、無理やり、中学や高等学校での思いつきや、大学での思いつきで成り上がりの職業を選ばなくてもよいかもしれません.まして世論と他人に押されて職業を選択しないでください.自分の進路が決まらなくても、まずは、どんな職業も選べるように、大学で教養と学力を付けてください.大学で教養を身に付けそれを元手に職業を考え、次に専門の高等教育に進んでいる人も昔から大勢います.大学生のあなたは、自分の進路を狭くしないでください.

大学で金の卵となったあなたは,迷わず自分の道を精進してください.
6. 大学での授業の目的
・教師が授業で教科書をあなたの代わりに声に出して読んでくれる.
・教師が授業で教科書をあなたに代わり要約・整理し板書してくれる.さらには,プリントアウトしてくれる.

あなたの授業は、教師の声をうっすらと聞き、教師の板書をノートにちょこまかと写すことでしょうか.授業中に、テキストの内容について、あなたの考えや意見が聞きたい教師もまだいます.授業は消費するのでなく教師と学生で生産するという真っ当な考えもまだ残っています.

7. 大学での試験の目的
・正岡子規は「試験の点数あてにならざる也(なり) 従(したがっ)て学校の席順、あてにすべからざる也」と言った.

人生の問題でなく、恋愛の問題でなく、学校の試験で一喜一憂している価値があるのでしょうか.できる者は順位を、できない者は落第を悩んでいます.教師がつくる授業の狭い範囲の試験問題で測る成績に、どんな意味を見つけるのですか.
磯田道史は言う、「人生の時間は限られいる.試験目的の勉強などしている場合ではないかもしれない.」 試験に落ちて学問の喜びを感じる度量を身に付けることが,私は大切と考えます.

8. 私は、本当は、次を区別できる人に教室にきてほしい.
・「恋愛する」ことと「恋愛を持続する」こと
・「大学に入る」ことと「就職できる」こと
・「できる」ことと「わかる」こと
・「授業に出た・勉強した」ことと「知識や技能が身に付く」こと
・「就職した」ことと「仕事ができる」こと
・「結婚する」ことと「結婚生活を持続する」こと
誤解しないように.錯覚しないように.(橋本治も言っています)

9. サラリーマン、技術者、科学者のモラルを持とう.
・あなたは倫理的な人間ですか.
・企業に入っても、その倫理を貫けますか.倫理教育も新たな科目に加わったようですが.
・倫理と営利を天秤にかけて、企業の倫理に身をまかせようとは考えていませんか.

それは梅津光弘が言うように人としての判断停止の状態です.

10. 私に贅沢がいえるなら、桜の花びらに正五角形を見る人、松ぼっくりにらせん図形が見える、グラフィックスマインドを持った人を受講生としたい.

11. ここはgraphicsの教育と研究を行います.
グラフィックス (図・図面・画像・空間幾何学)は、生活や仕事で必要ですか?
・私は,不要な人には勧めません.必要になってから,私の科目は受講してください.

必要な人にたずねます.高校までのグラフィックスの教育で十分ですか? 次の身近な問題を考えましょう

1)一辺1cmの正方形を描けますか.では次に、
2)一辺1cmの立方体を描けますか.全ての辺の長さは1cm、全ての面は正方形です.友達5人で解いて下さい.
3)あなたが描いた図は一辺1cmの立方体だと他人に伝わりましたか.

・十分でない人は、大学でグラフィックスの科目を選択してください.

12. 私の図学教室(Engineering Graphics Lab.)は、
 次の3つを教育と研究の目的にしています.


・visual literacy(ヴィジュアルなものの読み書き能力の教育と研究)
・space geometry (空間の幾何学の教育)
・design and graphics (図によるデザインの教育と研究)

13. 授業で、グラフィックスの基本概念を知ってもらいたい.
 生きていく力になります.


見ている世界と主観的イメージ・客観的イメージを考えましたか?
見ている世界の図形による表現を考えましたか?
図形、図、図面の意味するところを考えましたか?
立体図、投影図の意味するところを考えましたか?

14. 授業に出て試験に合格するとクレジット(単位)がついてきます.

15. 学校用語、スラング
[ 先頭へ ]・[ 表紙に戻る ]

  ■ 図学の教育と研究の内容:図学が対象とする教育と研究の内容は変化しつつあります.
  図学の教育の範囲と順序の変遷

  200年前、フランスで体系だった教育が始まった.世界にも,江戸にも広まり,いくつかの教科書が残されている.
 ・エコール・ポリテクニークの技術教育(実物模型で製作から,図面で製作への変革を進めた.)
  "Geometrie Descriptive", Gaspard Monge, 1798, ロシア1811翻訳版 、山内一次訳1990.
  "Elements of Descriptive Geometry", Albert E. Church and G.e. Bartlett,(p286)1910.
  "Engineering Drawing", Thomas E. French, (p615)1911.

教科書「高等図学」,福田正雄,(p370)1928.
教科書「図学通論」,近藤,馬場,養賢堂,(p200)1966.
A.平面図学
(1.長さの測定、2.円すい曲線、3.渦巻き及びサイクロイド曲線)
B.立体図学
1.点の投影
2.線の投影
3.平面
4.多面体
5.曲面
6.面の接触
7.曲面の展開及び切断
8.面の相貫
9.陰影
10.標高平面図
11.軸測投影図
12.斜投影図
13.透視図
・作図法目次
・製図及び符号の規則目次
A.平面図学
(1.直線と円、2.円すい曲線、3.渦巻き及びサイクロイド曲線)
B.立体図学
1.総論(投影の概念)
2.正投影緒論
3.副投影
4.平面
5.立体
6.立体の切断
7.相貫体
8.面の展開
9.面の接触
10.陰影
11.標高投影
12.軸測投影
13.斜投影
14.透視投影
C.製図

日本図学会(The Japan Society for Graphic Science)による教科書 「図形科学ハンドブック」,森北出版,(p900)1980.
  ■図的表現の歴史と展望
・図的表現の歴史
・透視図の歴史
・現代の図的表現のと将来の展望

  ■図形の知覚
・目の基本的特性
・図形の知覚
・空間知覚
・色彩学の基礎
・造形と色彩

  ■平面図形
・直線図形に関する作図
・円弧に関する作図
・円錐曲線
・その他の平面曲線

  ■空間図形と投影(投象)
・投影の基礎理論
・投影法の基礎理論
・立体図形の概要

  ■複面投影法
・垂直投影法および複面投影法
・立体図形の一般作図
・接触
・切断
・展開
・相貫
・陰影
・4次元図学

  ■単面投影法
・単面投影
・正軸測投影法
・斜投影法
・透視図法
・標高投影法
・地図投影法
・結晶投影法
・3次元画像(立体画像)

  ■図表
・図計算と図表の歴史
・グラフ表示法
・図式計算法
・グラフによる解法
・計算図表

  ■計算機を用いる図形処理
・計算機を用いる図形表現の方法
・平面図形に関するアルゴリズム
・空間図形に関するアルゴリズム
・ランダムな図形のフーリェ変換による処理方法
・コンピュータアート

  ■CADによる作図
・CADのハードウエア
・CADのソフトウエア

  ■製図
・機械製図
・建築製図
・土木製図
・測量図
・造船製図
・電気・電子製図
・配管
・被服製図

  ■テクニカルイラストレーション
・プレゼンテーション
・軸測投影法
・等測投影・等測図
・斜投影図
・透視図
・シェイディング

  ■視覚デザイン
・視覚デザインの意義
・デザインの視覚伝達
・デザインにおける表示
・製品デザインにおける表現

  ■製図用具
  ■製図機械
  ■複写・印刷
  ■写真
 (立体写真・パノラマ写真)
  ■光学的立体表現
 (ホログラフィ・モアレ法)
  ■図形伝送
 (ファクシミリ・デジタル伝送)


米国のCAD/CGを取り入れた機械系教科書 "Engineering Graphics Communication", Bertoline et al.(p1200)1995.
PART I  VISUAL SCIENCE FOR ENGINEERING DESIGN GRAPHICS
1. Introduction to Graphics Communications.
2. The Engineering Design Process.ビジネスとデザイン
3. Technical Drawing Tool.製図道具
4. Sketching and Text.スケッチ表現と文字表現
5. Visualization for Design.

PART II FUNDAMENTALS OF ENGINEERING DESIGN GRAPHICS
6. Engineering Geometry and Construction.幾何学と作図
7. Three-Dimensional Modeling.立体の作成法
8. Multiview Drawings.三面図
9. Pictorial Drawings.立体図
PART III  DESCRIPTIVE GEOMETRY図法幾何学
10. Auxiliary Views.軸測投影
11. Fundamentals of Descriptive Geometry.解析
12. Intersection and Development.相貫と展開

PART IV STANDARD ENGINEERING DESIGN GRAPHICS PRACTICS
13. Section views.断面
14. Dimensioning and Tolerancing Practices.寸法と公差
15. Fastening Devices and Methods.留め具
16. Production and Automated Manufacturing Processes.
17. Working Drawing.施工図,製作図

SUPPLEMENT Design Problume
18. Technical Data Presentation.
[ 先頭へ ]・[ 表紙に戻る ]

B. 仮想授業紹介  図形科学とグラフィックスの講義・演習を紹介します.
  ■ 図学教室の講義科目の変遷:
授業担当 [専任] 梶山 喜一郎(1987〜)、酒井 幸仁(2012〜)
旧担当 [専任] 宮崎 昇(1972〜1986年度)、江崎 丈 巳(1974〜2011年度)、 [非常勤] 馬場 礼二郎(〜1993年度)
1987〜2002年度 授業科目
[科目名]
[対象学科]
 工学部  図学  (通年1コマ,2単位)
 基礎製図(半年2コマ,1単位)
 工学部  図学   (機械,電気,電子,化学,土木,建築)
 基礎製図 (電気,電子,化学,土木)
 理学部  図学  (通年1コマ,2単位)  理学部  図学   (応用物理)
2003〜2015年度 授業科目
[科目名]
[対象学科]
 工学部  図学I   (半期1コマ,2単位)
 図学II   (半期1コマ,2単位)
 グラフィックデザイン(基礎製図,半期1コマ,2単位)
 建設CAD (基礎製図+CAD,半期2コマ,2単位)
 建築CAD (半期1コマ,2単位)
 工学部  図学I   (機械,電気,電子情報,社会デザイン,建築)
 図学II   (社会デザイン,建築)
 グラフィックデザイン(化学システム)
 建設CAD (社会デザイン)
 建築CAD (建築)
 理学部  図形情報I (半年1コマ,2単位)
 図形情報II (半年1コマ,2単位)
 理学部  図形情報I  (物理, 地球圏)
 図形情報II  (地球圏)
*2003年4月,土木工学科は社会デザイン工学科、化学工学科は化学システム工学科に名称変更.旧学科名を読み替えて下さい.
*2009年4月,応用物理学科は物理学科に名称変更.旧学科名を読み替えて下さい.>
*2015年4月,開講年次の移動.  ・地球圏科学科の図形情報I,IIが1->2年次に移動. ・社会デザイン工学科の建設CADが2->3年次に移動. ・電子情報工学科の図学I が2->1年次に移動.

  ■ 梶山のエンジニアリング・グラフィックス授業コースと講義要目(Syllabus):体験する授業の内容を紹介します.
 1. 開講する科目 : WEBシラバスで検索 図学 I・II、図形情報、 図形情報 I・II、 建設CAD、 建築CAD
 2. 開講する学科 : WEBシラバスで検索 物理学科(旧 応用物理学科)、 地球圏科学科、 社会デザイン工学科(旧 土木工学科)、 建築学科
 3. 福岡大学ポータルのWEBシラバス    [過去のシラバス:2001-1998年度 97年度 96-94年度]

カリキュラムと科目
   1年    2年〜3年


 グラフィックス授業の内容
 エンジニアリング
 グラフィックス
 エンジニアリング・
 コンピュータグラフィックス 
 エンジニアリング・デザインドロ−イング  
基礎・設計製図
 (図形科学)  (CG/CAD)  2D-CADによる
 設計製図
 3D-CADによる
 設計製図
 ■工学部 エンジニアリングコース  「図学 I」 ->  「図学 II」 ->
 「建設CAD」3年次(2015以降)
 「建築CAD」2年次
 ■理学部 グラフィックス・リテラシ−コース   「図形情報I」 -> 「図形情報II」  
 物理学科 1年次
 地球圏科学科2年次(2015以降)
 
 

[ 先頭へ ]・[ 表紙に戻る ]

  ■ グラフィックス・リテラシ−教育の内容:講義とコンピュータ実験・演習、ワークショップ、図の学の体験始めました.

A. グラフィックスの授業を受けるための基礎知識と基礎技能
インターネットを使って授業をおこないます.図の学の初心者が授業を楽しく学ぶためには、前もって必要とする常識と技能があり、これらを身につけましょう.ここで学べば簡単です.

 1. 授業で、graphicsの基本概念を知ってもらいたい.
  一人で考える. (「図学I」「図形情報I」科目のコースウェア)
 ・見ている世界と主観的イメージ・客観的イメージを?
 ・見ている世界の図形による表現を?
 ・図形、図、図面の意味するところを?
 ・立体図、投影図の意味するところを?

 2. 「 図学I 」科目の講義方針と授業計画-工学部ではこんなことを学びます.

 3. 「 図形情報I 」「 図形情報 」科目の講義方針と授業計画-理学部ではこれを学びます.

 4. 伝統的な作図・製図道具(T定規と機械式製図機) 現在も必需品です.
 ・これらとともに使用する製図道具(コンパス,デバイダー).

  

 5. コンピュータとインターネットの基礎知識と基礎技能
  (「図学II」「図形情報II」科目のコースウェア)・これは担当しなくてよくなりました?

B. 「webのためのテクニカルライティング」の講義と演習

・webページで公開するハイパーテキストによるドキュメント作成を学ぶ.
・このwebページはこの知識でつくりました.
・大学でwebページを公開する手順

C. 「Processing言語で学ぶコピペでグラフィックス・プログラミング入門」の講義と演習

・ProcessingはJava をベースにしたプログラミング言語で,グラフィックを作成する. プログラミングによるデザインやインタラクティブアートを作成する道具として開発された.

D. 「Ruby言語で学ぶコピペでプログラミング入門」の講義と演習

・オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby でプログラミング作成を学ぶ.スクリプト言語の R言語PovRay を学んだ受講生にはわかりやすいでしょう

E. 「Jw_cadで学ぶエンジニアリングドロ−イング(製図) 」入門編
(「図学II」「図形情報II」科目のコースウェア)

・2D-CADによる2次元製図の入門です.2D-CADを使って作図することを学ぶ.

・CADは就職の資格のためにあるのではなく、数学の問題で、チラシやポスターで、そして服飾や工業製図で利用する道具です.「形を作り出すこと」「作りだした形を記録すること」に興味を持ち、関連する知識とスキルを学んでもらいたい.中学生・高校生も、この世界を体験してほしい.

F. 「R言語で学ぶコピペでテクニカルデータプレゼンテーション」の講義と演習
(「図学II」「図形情報II」科目のコースウェア)

・Graphicsの概念には見えないデータを可視化するために図表を作成することも含みます.R言語でのデータ解析とプロット図などのグラフを作成します.

・高校の数学C「統計処理」、大学の「統計学・統計入門」で学んだ知識を、卒業論文や修士論文で使うために、さらには卒業後も持続的に使えるための知識とスキルを学びます.

G. 「立体視とアナグリフ画像」

・目で見ているものと、脳で見ているものの違いを体験

・「赤青メガネ(左目が赤、右目が青)」を使い、左目・右目それぞれ異なる画像を見、さも飛び出すかのような立体像に、脳で再構成する.

19世紀は立体写真がはやった時代です.その伝統的な方法の一つがアナグリフ.あなたも携帯電話の画像で作成できます.

・今は「液晶シャッターメガネ」の「アバター」があるが、「キカイダー」「ドラえもん」の映画で皆さんが体験したものです.

クリックして拡大
H. デザインの道具としてのコンピュータグラフィックス(CG/CAD/CAM)
コンピュータの仮想空間に三次元で定義した精密な立体図形を創造するための知識と技能を学びます.

1. 「デザインのためのコンピュータグラフィックス入門」 (CG)
 (「図学II」「図形情報II」科目のコースウェア)

・コンピュータの中に、立体図形を創造するための手続きと知識を学ぶ.
・授業で楽しく画像処理実習-実際にペイントや図形変形をします.

受講者の作品展示室ペイント

2. 「CAADで学ぶデザインのためのワイヤーフレームモデル表現」 (3D-CG)
 (「図学II」「図形情報II」科目のコースウェア) 1コマx8週間

・コンピュータの中に3次元モデルを作りだすための知識と技術の講義と実験を学びます.

・ワイヤーフレームモデルによる3次元モデルを学習する.
・CAADシステムのマニュアル
・授業で楽しく作品をつくります.

受講者の作品展示室

3. 「SketchUpで学ぶデザインのためのサーフェイスモデル表現」(3D-CG/3D-CAD)
(「図学II」「図形情報II」科目のコースウェア) 1コマx8週間

・3D-CADを操作してコンピュータグラフィックスを作成する.
・3D-CADでなければ作れない形を考える.
・授業で楽しく作品をつくります.

受講者の作品展示室

ファンズワース邸

雲仙普賢岳

4. 「POV-Rayで学ぶデザインのための
ソリッドモデル表現」 (3D-CG)

・写真のような3次元モデルを扱うための知識と技術の講義と実験

・素人の定規とコンパスでは想像しえない3次元モデルを扱うための知識と技術の講義と実験

5. 「3Dプリンターで立体模型を製作する」   (CAD/CAM・CNC・3Dprint)

・3Dプリントの全過程の手続きを学習.

・CADの図から,さわれる実物の模型を製作.

・3Dprintigできる上級編モデリングの学習が必要になる.

I. 「デザインと製図と空間把握」

・実物によるデザイン、模型によるデザイン、そして
・図面によるデザインの相違点を考える.

1. 図面によるデザイン 図学から建築製図

2. 技術者のためのCAIを利用した読図の講義とトレーニング
(「図学II」「図形情報II」科目のコースウェア)1コマx4週間
立体や空間の図的表現(二次元表現:立体図と三面図)と読図(画像・図面に描かれた三次元物体の推論)のトレーニングをコンピュータ支援のソフト(CARDシステム)を使用して行います.できるまで繰り返しトレーニングします.

・図や図面を理解するあなたの心の中で、何が生じているか
・トレーニング風景
・トレーニング上の注意

演習風景


J. 図学(エンジニアリング・グラフィックス)のバックグラウンドの理解
・転居先不明 脳と知覚 NHK映像科学館


[ 先頭へ ]・[ 表紙に戻る ]

  ■ CADによる設計製図教育:技術者のためのコンピュータ支援による設計製図の講義と演習

A. 2D/3D-CADによる設計製図コース

グラフィックス・リテラシ−コース科目「図学I」と「図学II」の修了者に対して、2次元と3次元CADを使用した設計製図の基本を学びます.受講し努力すれば、デザインしたものを必ずドロ−イング(図面・画面に記録)できるようにします.

1. 建設・土木技術者のための2D/3D-CADによる設計製図
 (「建設CAD+土木基礎製図」科目のコースウェア) 2コマx15週 期末試験無

 ・2D-CADの初心者コース (ここをマスターして受講する)
 ・2D-CADのイメージトレーニング



建設・土木技術者コース 演習課題


2. 建築技術者のための2D/3D-CADによる設計製図
 (「建築CAD」科目のコースウェア) 1コマx15週 期末試験有

 ・2D-CADの初心者コース (ここをマスターして受講する)
 ・授業で楽しくCAD作品をつくります.建築CAD図面展示室


建築技術者コース 演習課題

B. 3D-CADによる設計製図コース

3次元CADを使用した設計製図の基本を学びます.2次元CADの図面をもとに3次元の建築物や構造物のモデルを作成する方法を学習します.従って、施設や構造、寸法がわからないものにはこの授業は適していません.

1. 技術者のための3D-CADによる設計
 (「建築CAD」「建設CAD」科目修了後のコースウェア)

・3D-CADの初心者コース (ここをマスターして受講する)
・2D-CADの図面データをもとに建造物の3Dモデルを作成する技術を学びます.
・授業で楽しくCAD作品をつくります.参考作品展示室


建築技術者コース 演習課題




建設・土木技術者コース 演習課題
[ 先頭へ ]・[ 表紙に戻る ]

  ■ レンダリング教育:建築技術者のためのイメージの表現技術の講義と演習
  1. 透明水彩画による建築透視図の制作プロセス

  2. 不透明水彩画による建築透視図の制作プロセス

  3. ペン画による建築透視図の制作プロセス

  ■ デザインのための野外調査・空間体験学習
  1. 友泉亭公園の伝統的デザインの見学 1997
  2. 天神界隈の公共施設のデザインの見学 1997
  3. 博多ベイサイドプレスのデザインの見学 1997
  4. 都市デザインと祭り、5月は博多どんたくの体験 2003
  5. 都市デザインと祭り、7月は博多祇園山笠の体験 1997-1999
  6. 都市デザインと祭り、7月は田島神社の神楽体験 2003
  7. 都市デザインと祭り、街路と優勝パレード体験 2003
  8. 鳥飼池マンホール工事の見学 1998
  9. 福岡大学工学部11号館前の下水道工事のマンホール見学 2005
  10. 鳥飼池・親水公園と施工過程の見学 1998-1999, 2006
  11. 福岡大学工学部14号館建築工事現場の見学 1998-1999
  12. らせん階段の見学 2001

  ■ 空間デザインのケーススタディ :地域空間・景観プロジェクト事例
  1. 水郷景観を継承する町づくり 福岡県大木町
  2. 歴史的街並みを維持管理する神社参道 福岡県太宰府市
  3. 山林地域の開発 熊本県阿蘇町
[ 先頭へ ]・[ 表紙に戻る ]
C. 付属教育研究施設
  ■ 仮想カンファレンスルーム(会議室)
内容:教育・研究のための会議室・談話室があります.
  1. 気楽な談話室
  2. 会議棟の総合受付 会員専用の会議室もあります
  ■ 仮想ライブラリ
内容:図書館には用語辞典があります.
  1. 福岡大学図書館のホームページ  週に一度は大学図書館に行こう!
    情報(IT?)だけでなく知識と知恵があなたを待っています.
  2. 役に立つオンライン辞書のサイト
    国語辞典、和英・英和辞典、インターネット用語辞典、CG&CAD用語辞典、情報・通信辞典
  3. オンラインの日本国内図書館図書館リスト(1998.02.10)
  4. 裏の図書館分室:図書とデーターベース------閲覧は会員制です.

  ■ 仮想ミュージアム(博物館、美術館、展示館)
内容:教材や受講生の作品を展示しています.
  1. 製図道具博物館 Drawing Instrument Museum

  2. 受講生の作品展示案内所:  
    モデリング作品展示館:  図学II・図形情報IIの受講生のサーフェイスによるモデリング作品
    モデリング作品展示館:  図学II・図形情報IIの受講生のワイヤーフレームによるモデリング作品
    建築CAD図面展示館   :  建築CADの受講生の作品

  3. フラクタル作品展示館

  ■ 仮想アーカイブ(文書館、古文書館)   閲覧は会員制です.
内容:教育と研究に必要な、古代からの教材・資料・ソフトウェアの収蔵庫です.

  1. 講義用 文書館(今回の授業で使用する資料)   2. 研究用古文書館

  ■ 仮想シアター(映画館、マルチメディア館)
内容:教材や受講生の作品を展示しています.個人で楽しんでください.映画 アニメーション CG 空間体験館

  1. 七隈小劇場(会員用のプログラム案内)     
  ■ 社会人向け仮想講義室
テーマ:工学教育を考える.日本に工学教育を導入して百年が過ぎました.

  1. タイトル:日本における製図学の科目の変容
  2. タイトル:THE HISTORY OF ENGINEERING GRAPHICS COURSE IN JAPAN
  3. タイトル:日本における製図コースと図法幾何学の変容
  4. タイトル:シンポジウム:転換期における図形科学教育を見つめて

D. 教育的な、ひまつぶしのインターネット カフェ#1  #2[MAC] #3[WIN]
  ■ インターネット入門
1. グラフィックスの授業を受けるための基礎知識と基礎技能

X2. Windows利用者の「マニュアル不要」(朝日新聞連載)

3. コンピュータに関する最新の情報
 マック<−apple mac_winmicrosoft−>ウインドウズ

4. ダウンロード可能なソフトウェアの紹介.
 [マック用ダウンロードサイト]
Vector・ZDNetJapanASCII appleInfo Macversion trackermac mathscience
 [ウインドウズ用ダウンロードサイト]
Vector・ZDNetJapanASCII・versiontracker窓の杜

5. ソフトウェアやデータを圧縮解凍するソフトウェアの紹介
  圧縮解凍ソフト ・Mac Win

  6. ネットワーク組織の利用規定の紹介
  (私立大学情報教育協会)[2001/10/27]

7. 簡単にできるInternet サーバーの作り方入門
  (行方不明が多くなりました)

8. 初心者のためのソフトウェア・ナビゲーター
  インプレス社 窓の杜 林檎の杜

9. 初心者・中級者のためのインターネットに関する用語辞典
  1997年度版  いずれも行方知らず
a.不明インターネット・マルチメディア関係用語辞典(富士通)
b.不明インターネット用語集(九州工業大学情報科学センタ)
c.不明インターネット用語辞典(インプレス社)

10. ホームページ検索について 1997年度版
11. WWWへジャンプ 1997年度版
12. 日本国内WWWサイトリスト1997年度版 --中止
[ ページの先頭へ ] [ 表紙に戻る ]
ロゴ
図学の教育サービスと付属施設の総合案内
ロゴ