Last Updated: April 2,1998. Kajiyama  1998年度版です。現在は変更しています。シラバス参照。

1998年度版(土木工学科:前期2単位): 建設CAD

担当:梶山 喜一郎


(概 要)
 土木施設の図面を描く経験をすること。製図しながら土木的な立体形状に親しむことが目的である。製図通則および土木分野に関する基礎的な知識と技術を総合的に理解し,計画図・設計図などを正しく読み、描き,デザインする能力が養われる。次の内容で構成する。

1.設計支援の道具としての2次元CADと3次元CADについての教養を持つ
2.CADの使い方および投影法による正しい図形の製図法を習得する。
3.読図と図面表現の知識(図学)の再認識
4.土木で使う図面を体験する
  身じかにあるアメニティ道路や側溝を題材として、JIS土木製図の規約を理解し写図・読図など土木製図の基本を習得する。
5.土木とデザイン 
  土木技術者としての感性を高めるためにアメニティデザインの現状を理解し、生活道路を対象に夢のあるデザインを試みる。
6.制作コンテスト
  コンテストを通して 企画・設計・製図・制作の一連の過程を経験する。 優勝者には豪華な賞状と、賞品がある。平成5年度は、公共スペースで使用するごみ箱の企画デザインとペーパーによる模型製作が課題であった。平成7年度は、ピンポン玉をつかむマニュピレ−タのデザインと製作が課題であった。


コンテスト風景

(授業計画)
A.登録チェックと方針の説明
B.CADとは
C.建設CADの基本操作
      0.操作教本 [講義棟Awindows版][MS-DOS版
            *操作教本のダウンロード[.sit]
            *操作教本のダウンロード[.lzh]
            *操作教本のダウンロード[.bin]
            *操作教本のダウンロード[.gz]
      1.CAD作業の工程
        起動・図面ファイルの読み込み・図面の出力・終了
      2.CAD画面の基礎知識
      3.文字・直線・曲線・基本図形の作図
        ●名刺の制作
      4.図形の消去・移動・複写・鏡像
      5.図面配置・寸法・レイヤ−
      6.図面ファイルの作成・保存・編集・出力
        ・基礎課題1 製図用紙の作図
        ・基礎課題2 敷地測量図の作図
        ●敷地図参考課題
        ・基礎課題3 平面図・立面図・側面図の作図
        ・基礎課題4 立体図の作図
D.土木製図とCAD
      1.JIS製図規則
      2.CADによる実際の土木構造物の図面表現
        ・土木製図課題1 側溝の読図と写図
        ●マンホール参考課題
        ・土木製図課題2 街路の読図と写図
E.街路のデザイン提案と図面のプレゼンテーション
        ・土木製図課題3 立体図による街路の提案
F.デザイン・製作コンテスト 
      1.課題説明
      2.企画書・図面提出
      3.中間チェック
      4.作品提出と参加者全員による評価


(評価の方法)
期末試験は行わない。各テーマの設計製図課題の提出とその内容で評定を行う。授業に参加しない者は評定しない。最終テーマであるコンテストの上位入賞者はボーナス得点がもらえる。

(テキストその他)
1.土木製図 改訂版 実教出版、初回より使用するので前もって購入すること。
2.1998年度 第1回目の授業は、11号館3階1133 基礎製図室に集合でした。
3.3.5インチフロッピーディスク(DOSV用のフォーマット済み)を2枚、第1回目の授業に持参すること。


[ 先頭に戻る ] [ 2001-1998年度シラバス案内に戻る ] [ 建設CADの目次に戻る ]