Last updated: December 2013. Kajiyama             [ 3D printing 目次に戻る ]

3Dプリンターのために3DCADモデリング  交差する2個の立方体編


  1. SketchUpで2個の重なる立方体を作成し,一部を重ねた.

    ・「カメラ」->「平行投影」を選択し,透視投影(遠近法)でなく平行投影で表示する.

    ・この図では,2個の重なる立方体により新たに作成される「異なる2面が交差した場所」が稜線として表示されていない.

     これは3Dモデルが,交差する線を幾何学で定義していないことを示している.-->プリンティングできない.

    ・3Dプリンターには図形の正確な幾何学情報をデータとして伝えなければならない.

     あなたの人の好さと誠意だけでは彼/彼女は,働いてくれない.



  2. 2個の重なる立方体をマウスで選択し,「編集」->「面を交差」->「モデルと交差」を選び,

    交差した図形を幾何学で定義する.


    ・二つの面が交差した場所に直線が表示される.

    ・復習:立体間の交差(相貫体)を求める操作
  3. 2個の重なる立方体の内部を観察する.

    ・「表示」->「面スタイル」->「X線」を選択し,内部を表示し観察する.

    ・内部に重なった直方体があることが観察できる.

    ・このような図形が内部にあると3Dプリンターは立体を製作できない.

     立体の表面は,風船のように,中が空洞で一枚の表皮で作られている.
  4. 内部の面を削除し,一枚の表面で覆った立体を作成する.

    ・マウスで内部の稜線や面を削除する.
  5. SketchUpで断面を表示し,内部を詳細に削除する.

    ・断面を表示し,マウスで内部の稜線や面を削除することができる.推薦

    ・再度観察し,問題がなければ,

     3Dプリンターのための3Dモデルとして新規に保存する.

[ 先頭に戻る ] [ 3D printing 目次に戻る ]