Last updated: December 2013. Kajiyama             [ 3D printing 目次に戻る ]

3Dプリンターのために3DCADモデリング 立方体のフレーム 編



  1. SketchUpで3Dプリンターのために立方体のフレームをモデリングする

    1. SketchUpで立方体のフレームを作成した



      SketchUpで立方体をモデリング


    2. SketchUpでのモデリングの方法



      多面体ではこの方法が可能である.曲面体では異なる方法を採用する.


      1.  50X50X50mmの立方体を「プッシュプル」で作成する.

      2.  立方体の6面に「オフセット」でフレーム6mm幅のピンク位置に38X38mmの正方形を作図する.

      3.  立方体の6面のピンクの「38X38mmの正方形」を「プッシュプル」で穴をあける.

      4.  立方体の各部を測定し正確であるか検図する.



    3. CAD画面を「X線」モードで表示し,作成した立方体のフレームの内部を観察する.

      ・「表示」->「面スタイル」->「X線」をクリックすると,立方体が透けて表示される.

      ・「カメラ」->「平行投影」を選択し,透視投影(遠近法)でなく平行投影で表示する.

      ・モデルをこの状態で観察すると,問題は見つけられない.



      「X線」モードで内部を詳細に観察



  2. SketchUpで3DプリンターのためにSTLファイル形式に変換する

    製作過程で外国製のソフトウェアを使用するので,ディレクトリ名,ファイル名やパスに日本語を使うと保存・読み込みができなくなる.

    ・SketchUpでSTLファイルを作成する手続き



    STLファイル形式に変換


  3. STLファイル・ビューワ・チェッカによるSTLモデルの立体形状のチェック

    ・MiniMagicsはエラーと判断しなかった.



    netfabb Studio Basicでチェック


  4. 3Dプリンターの機種 (MakerBot Replicator 2X) に応じたGコード・ファイル形式を作成・チェックする


       

    MakerBot社のMakerware ,Low水準の精度で作成

    ・STLモデルのプラットホーム上の配置の違いによりラフト・サポートの付き方が異なる.実際に造形できる方法を検討する.

    ・CAMソフトウェアは必ずしも,造形可能なGコード・ファイルを作成しない.あなたの常識を働かせてGコード・ファイルを作成・選択する.


  5. 3Dプリンターの機種 (MakerBot Replicator 2X) で製作する




    Low水準の精度で作成(印刷時間 1h10m).


    Low水準の精度で作成(印刷時間 2h00m).



  6. 3Dプリンターの機種 (MakerBot Replicator 2X) で失敗する



    このような配置では,ラフト・サポートがうまく設計されない.


    ラフトに立方体の稜線が接着せず,これが動き出した.



  7. 3Dプリンターの機種 (MakerBot Replicator 2X) で失敗する



    このような配置では,ラフト・サポートがうまく設計されない.


    ラフトに立方体の頂点が接着せず,これが動き出した.

[ 先頭に戻る ] [ 3D printing 目次に戻る ]