Last updated: March 2014. Kajiyama             [ 3D printing 目次に戻る ]

スキャンデータを 3Dプリント  スタンフォードのウサギ編



  1. WebからSTL形式のデータ「スタンフォードのウサギ」をダウンロードした

    ・これは知る人ぞ知るStanford Bunnyと呼ばれる3Dプリンティングできる陶器の置物の3Dモデルである.-Wikipedia


  2. netfabb社のnetfabb Studio Basicで「スタンフォードのウサギ」を読み込みSTL形式のデータをチェックする.

    ・netfabbは,3Dプリンティング・モデルとしてエラーなしと言ってくれた.先に進む.



    CG表現


    STL表現


    拡大したSTL表現

  3. 3Dプリンターの機種 (MakerBot Replicator 2X) に応じたGコード・ファイル形式を作成・チェックする



    Low水準の精度で作成

  4. 3Dプリンターの機種 (MakerBot Replicator 2X) で製作する



    Low水準の精度で作成(印刷時間 2h01m)


    慎重に,スクレーパで造形台からはがす.

  5. 工具を使った模型の後処理



    慎重に,スクレーパでラフトを外す


    コツコツと,薄刃ニッパーでサポートを外す


[ 先頭に戻る ] [ 3D printing 目次に戻る ]