Last updated: December 2013. Kajiyama             [ 3D printing 目次に戻る ]

3Dプリンターのために3DCADモデリング Vブロック編



  1. SketchUpで3DプリンターのためにVブロックをモデリングする

    1. SketchUpでVブロックを作成した

      ・SketchUpでVブロックを作成する手続き



      SketchUpでVブロックをモデリング

    2. CAD画面を「X線」モードで表示し,作成した立体内部を,詳細に観察する.

      ・「表示」->「面スタイル」->「X線」をクリックすると,立体が透けて表示される.

      ・「カメラ」->「平行投影」を選択し,透視投影(遠近法)でなく平行投影で表示する.

      ・Vブロックモデルをこの状態で観察すると,問題は見つけられない.



      内部を詳細に観察


  2. SketchUpで3DプリンターのためにSTLファイル形式に変換する

    製作過程で外国製のソフトウェアを使用するので,ディレクトリ名,ファイル名やパスに日本語を使うと保存・読み込みができなくなる.

    ・SketchUpでSTLファイルを作成する手続き



    STLファイル形式に変換

  3. STLファイル・ビューワ・チェッカによるSTLモデルの立体形状のチェック

    ・netfabb Studio Basicはエラーと判断しなかった.



    netfabb Studio Basicでチェック


  4. 3Dプリンターの機種 (MakerBot Replicator 2X) に応じたGコード・ファイル形式を作成・チェックする




    MakerBot社のMakerware ,Low水準の精度で作成


  5. 3Dプリンターの機種 (MakerBot Replicator 2X) で製作する

    ・大きなもの・長いものを作ると「模型の収縮」が起こり,その結果,造形台から模型が剥がれることがある.




    ABS樹脂では一辺の長さが100mmで厚みが20mmになるとプラスチックの収縮が起こり,造形台から模型の一部が離れてしまう.

    ラフト・サポートなし Low水準の精度で作成(印刷時間 4h31m)

[ 先頭に戻る ] [ 3D printing 目次に戻る ]