Last updated: February 2014 Kajiyama      [3D printing 目次に戻る ]

ソフトウェア 3D systems社の Geomagic Verify Viewer でSTLファイルを視覚化し内容チェックする



三角形メッシュとGeomagic Verify Viewer の操作画面


    作成したSTLファイルを,STLビューワ・チェッカに読み込みでSTLの立体形状を視覚化し観察する.

    STLモデルでの立体を覆う三角形メッシュの裏表(法線の向き)が統一しているか.連結していない頂点が作られていないか.

    三角形の以外の面が作成されていないか.立体の内部に面を持つ構造になっていないか.

    これらを観察し,問題があれば修正する.このソフトウエアで修正できなければ3DCADでモデルを修正する.



  1. Geomagic Verify Viewer の情報源

    ・Geomagic Verify ViewerはSTLファイルの分析を行う. (ASCII/バイナリ入出力)  -3D systems社
      - 旧Geomagic XOMに代わりさらに機能制限を加え公開したフリーのソフトウエア(2014/01)
      - Geomagic Verify Viewer / Geomagic XOM 機能比較
    ダウンロード・サイト -www.rapidform.com社
    ・操作マニュアル 「ヘルプ」->「ヘルプ」: 日本語でオンラインヘルプが表示される.


  2. [準備中] Geomagic Verify Viewer の操作手順

    1. データファイルの読み込み

      ・「ファイル」->「開く」-> STLファイル名を指定し三角形メッシュでできたSTLモデルを読み込み・表示する.

      ・ 三角形メッシュ表現にするには,「ビュー」->「メッシュディスプレイモード」->「ワイヤーフレーム」にする.


    2. モデルを見るための画面操作

      ・ 上部にあるメニュー欄のアイコンを選択して画面を,切り替える方法と.

      ・ マウス操作で立体を回転する方法があり,画面右上・隅にある「矢印」をクリックするとヘルプが表示される.


    3. X CADメッシュ修正

      ・「アドイン」->「CADメッシュ修正」をクリックすると,診断・修正の「CADメッシュ修正」メニュが表示される.

       全ての項目の「溶接」「境界を縫い合わせ」「鋭角ポリェースを削除」にチェックを入れ「CADメッシュ修正」を実行する.


    4. X 不正データを修正

      ・「選択」->「すべて-ポリフェース」を指定しモデルを選択する.

      ・次に,「ツール」->「スキャンツール」->「不正データを修正」をクリックすると,診断・修正の「不正データを修正」メニュが表示される.

       すべての項目にチェックを入れ「不正データを修正」を実行する.


    5. X 穴を埋める

      ・「選択」->「すべて-ポリフェース」を指定しモデルを選択する.

      ・次に,「ツール」->「スキャンツール」->「穴埋め」をクリックすると,診断・修正の「穴埋め」メニュが表示される.

       すべての項目にチェックを入れ「穴埋め」を実行する.


    6. 修正したSTLファイルは保存できない


  3. 参考資料

    データをチェックする方法

[ 先頭に戻る ] [ 3D printing 目次に戻る ]