Last updated: October 2013 - 2010. Kajiyama      [3D printing 目次に戻る ]

ソフトウェア Materialies社の MiniMagics でSTLファイルを視覚化し内容チェックし修正する



三角形メッシュとMiniMagics の操作画面


    作成したSTLファイルを,STLビューワ・チェッカに読み込みでSTLの立体形状を視覚化し観察する.

    STLモデルでの立体を覆う三角形メッシュの裏表(法線の向き)が統一しているか.連結していない頂点が作られていないか.

    三角形の以外の面が作成されていないか.立体の内部に面を持つ構造になっていないか.

    これらを観察し,問題があれば修正する.このソフトウエアで修正できなければ3DCADでモデルを修正する.



  1. MiniMagics の情報源

    ・MiniMagicsはSTLファイルの分析、修正を行う. (ASCII/バイナリ入出力)  -Materialies社

    ダウンロード・サイト -マテリアライズジャパン社

    ・MiniMagics14日間フリーで使える.以後登録すれば1年間有効のフリーのソフトウエアとして使用可能.
     (1) 登録するとメールでキーがもらえる.このキーをダウンロードフォルダに保存する.
     (2) MiniMagicsを開き,Step2でダウンロードフォルダからこのキーを読み込み認証させる.コンピュータごとにキーが必要.

    ・日本語ユーザーマニュアル p40 (操作画面の右上隅にあるhelpをクリックすると呼び出せる)

  2. MiniMagics の操作手順

    1. 最初の設定,「MiniMagicsファイル関連付け-> 拡張子STLを関連付ける.

    2. 「シーン」->「新規シーン」を指定する.

    3. 「パーツ」->「開く」->STLファイル名を指定する.

    4. STLファイルが読み込まれ,3Dモデルが表示される.

    5. 「ビューページ」の「ビューオプション」で,「表示モード」->「三角」を選択すると三角形メッシュのSTLモデルが表示される.

    6. 「エラー検証」をクリックし,MiniMagicsにデータファイルの自動チェックをさせる.

    7. STLファイルに問題があれば,「パーツにエラーがある」と指摘し,問題箇所の三角形メッシュを赤く,稜線を黄色に表示し指摘する.

    8. データファイルの保存は,「パーツ」->「保存」-> STL(バイナリ)ファイル(*.stl)->ファイル名をつけて保存する.


  3. 参考資料
    MiniMagicsを使ってセルフチェック -INTER-CULTURE (インターカルチャー)
    STLデータエラー
    データを修正する方法
    データを修正する方法
    データを修正する方法
    データを修正する方法

[ 先頭に戻る ] [ 3D printing 目次に戻る ]