Last updated: December 2008. Kajiyama             [ 目次に戻る ]

最初の設定 (初期設定)



  1. SketchUpのシステム環境設定

    1. テンプレート

      ・「ウインドウ」->「環境設定」->「テンプレート」->「メートル_ミリメートル-3D」単位を図面テンプレートに選択する.

      ・ 単位として「メートル系」・ミリメートルを使用する.変更しないと米国製なので「インチ系」が単位に使われる.

      ・ 注意:授業で使用するテンプレートは,特製「製図3D用紙メートル_ミリメートル」を選択する..

       


    2. Open GL は,この画面の状態で使用する.

      ・アクセラレーションでは「ハードウェア」を使わないを選択.
       
      メーカ,機種によりトラブルを起こしていますので,まずは使わないではじめる.

      ・機能は,「精度」を「高」にする.




    3. 寸法数値の単位は,「ウインドウ」->「モデル情報」->「単位」->長さの単位を 十進表記,ミリメートル,精度 0mm にする.




    4. 設定を終えたら,メニューから「ファイル」->「新規」を選び,新しいCAD製図用紙にする.

      製図用紙には曲尺(かねじゃく)の代わりに人物が表示される


  2. ツールバーの設定

    ・ 「表示」->「ツールバー」で「基本」の設定をはずし,「ラージツールセット」を選択する.





  3. 「プラグイン」のチェック

    ・ 「プラグイン」は、「Cドライブ」->「Program Files」->「Google」->「Google SketchUP6(SketchUP7)」->「Plugins」フォルダーの中にある.

    ・ 注意:授業で使用するプラグインは,後で解説する.


  4. コマンド一覧表の印刷

    (1) SketchUP 7日本語版のクイック リファレンス カード (印刷して利用する)

    (2) SketchUP 6日本語版の「クリックリファレンスカード」

     ・SketchUp 6の「ヘルプ」->「クリックリファレンスカード」をクリックする.

     ・アイコンで表されたコマンド一覧(PDFのA4横向き)が表示されるので,これを必ずカラーコピーする.

     

    ・ 「クリックリファレンスカード」は,必ずカラーコピーする



  5. これで準備が整いました.最初の学習は、

    ・ マウスから印刷まで.基本操作の ビデオチュートリアル
      必ずトレーニングしましょう.SketchUp6の操作を学ぶことができるナレーション付きビデオ.

    ・ 自習式 チュートリアル  SketchUp6の指示に従って操作の練習


  6. 困ったときの詳しいオンライン日本語マニュアルは、

    ・ SketchUpの 「ヘルプ」->「SketchUpヘルプ」・「オンラインヘルプセンター」・「学習センター」・「自習式チュートリアル」を頼りにすること. 


[ 目次に戻る ]