Last updated: June 2011 - December 2008. Kajiyama             [ 目次に戻る ]

コンポーネント(3D部品)のライブラリ


  1. ユーザーが作成しなくても準備されている部品が,コンポーネント(3D部品)と呼ばれる.


    ・SketchUp Ver6版では,前もってCADシステム内部に「SketchUp コンポーネント(初心者のための基本部品) 」が用意され,初心者はすぐにコンポーネントを使うことができた.

    ・初心者にとって「SketchUp コンポーネント(初心者のための基本部品) 」が基本部品の概念を理解しやすい.

    ・SketchUp Ver7以降,これが,webで検索し,SketchUpにダウンロードして利用するようになる.初心者にとって注意を要する.


    ・Google SketchUPが説明する.
    webでの検索の仕方解説

    SketchUp コンポーネント(初心者のための基本部品) 」のある場所はここ.SketchUpにダウンロードして利用する.


    これ以外に有料・無料のコンポーネントがあり,必要なものは手に入れる.

    ・数多くの「コンポーネント(3D部品)」が「Google 3Dギャラりー」で展示されている.受講者はここをチェックし,繰り返し使用する部品は,「ローカルコレクションのフォルダ」に入れて保存する.

    ・いまならボーナスコンポーネントの追加ができる

    ・このボーナスコンポーネントは,ダウンロードして,Ver7版以降の「コンポーネント」の「ローカルコレクションのフォルダ」に入れて使用する.その後必要に応じてライブラリーを拡張する.



  2. 貼りつけたい3D部品は「ウインドウ」->「コンポーネント」で操作画面が表示される.

        



  3. コンポーネントの貼り付け.

      

[ 目次に戻る ]