Last updated: July 2014 - December 2008. Kajiyama             [ 目次に戻る ]

モデルの作り方は一つではない


  1. CADで形状を作るやり方は一つでない.状況に応じて使い分けることが必要になる.


    [課題 この図形を作成]


  2. [方法] 立体の7つの面を一つずつ「線」ツールや「長方形」ツールで描いていく.
  3. [方法] 展開図があれば,これを「回転」ツールや「分度器」ツールを使って折り曲げていく.

  4. [方法] 「長方形」ツールを使い,1000x1000x1400mm の直方体を作る.
    立面図の姿を正面に描き,これを「プッシュ・プル」ツールで水平に押し出して形を作る.

  5. [方法] 「長方形」ツールを使い,1000x1000x1000mm の立方体を作る.
    上の面に中央の線を「線」ツールで描く.
    次に,これを「移動/コピー」ツールで,鉛直に,400mm 引き上げて形を作る.
  6. [方法] 「線」ツールで立面図を描く.
    次に,これを「プッシュ・プル」ツールで水平に 1000mm 押し出して形を作る.
  7. [方法] 2D図面から立体を作る.

    2次元CADの平面図,立面図,断面図などの図面データをSketchupにインポートし,これに厚みや,高さ,回転の操作を行い立体化する.

    この方法は,次の学習ステップの「技術者のための3D-CADによる設計製図」で解説する.



  8. 立体を作り上げたら,これを部品として後で使うために「グループ」化あるいは「コンポーネント」化しておく.

    この方法は,立体を選択し「編集」メニュ−>「グループを作成」あるいは「コンポーネントを作成」を指定する.



  9. 参考資料

    モデル参考  2  3

[ 目次に戻る ]