Last updated: December 2008. Kajiyama             [ 目次に戻る ]

レイヤ操作02 -レイヤ表示・カラー表示-


  1. レイヤ(画層)の表示.

    CAD作った部品は,下書き,いらないもの,間違ったものも消去しない.後で使うことが必ずある.見えなくすればよい.


    レイヤ(画層)を操作するには,「ウィンドウ」−>「レイヤ」をクリックすと,レイヤ操作画面が表示される.

    人形と座標軸「レイヤ0」,方眼紙「レイヤ基準線01」,角錐「レイヤ1」,角柱「レイヤ2」

    そして円錐「レイヤ3」の立体が異なったレイヤーに描かれている.




  2. レイヤ(画層)ごとに立体をカラー表示する.

    レイヤ操作画面の右上のマークを左クリックすると「レイヤの色」のメニューが現れる.




    「レイヤの色」を選択すると,レイヤ操作画面に示したレイヤの色で立体をカラー表示する.

    CAD画面でレイヤと図形の対応関係の確認ができる.塗られた色を消すには,「レイヤの色」を再度クリックする.





  3. レイヤ(画層)ごとの画面表示操作.

    CAD作った部品は,下書き,いらないもの,間違ったものも消去しない.後で使うことが必ずある.見えなくすればよい.

    1. 全てのレイヤ(画層)の画面表示.

      図形を書き込む「書き込みレイヤ」と表示(可視化)する「可視レイヤ」の役割を区別する.

      「可視レイヤ」に全てチェックを入れ,全レイヤーを表示したものがこの画面である.



    2. 方眼紙を描いた「基準線01」だけに可視のチェックを入れる.



    3. 角錐を描いた「レイヤ1」だけに可視のチェックを入れる.



    4. 角柱と円錐を描いた「レイヤ2」「レイヤ3」だけに可視のチェックを入れる.



[ 目次に戻る ]