Last updated: September 2009. Kajiyama             [ 目次に戻る ]

ベジェ曲線ツールの使い方 (BezierSpline_v12.rb)



ベジェ曲線(Bezier Curve)は,N 個の頂点から得られる N - 1 次曲線である.コンピューター内部で滑らかな曲線を描くのに利用されている.ルノー社のベジェ (Pierre Bezier) の論文で公開された.     出典: フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」


 


  1. 図面の生産性の向上のために「ベジェ曲線を作成するプラグイン」を使用する.

    ・ 「BezierSpline_v1.2」をダウンロードし,ダウンロードしたファイルが ZIP 形式になっている場合は解凍する.

    ・ SketchUpを終了し,「bezierspline.rb」「LibTraductor.rb」「BZ_Dir_12」「BZ_Dir_12_1」をGoogle/Google SketchUp X/Pluginsのフォルダーに入れる.

  2. 「bezierspline.rb」をインストールすると,「描画」メニューに「ベジェ曲線 BezierSpline curves」メニューが表示される.

    同時にツールバーに,サブメニューのアイコンが現れる.

    「Classic Bezier curve」 ・「Polyline」」 ・ 「Unform B-spline」

  3. アイコンが現れないことに気づいたら,「ウインドウ」->「環境設定」->「拡張機能」を選択し,「BezierSpline」にチェックを入れる.




  4. 作図法

    カーソルで頂点を指示し多角形を作成する.プラグインにより,多角形を近似する曲線が作成される.

    1. 「Classic Bezier curve」 は,まず始点(1)と終点(2)を決める.その間の形状を,ポリライン(多角形)で(3)-(4)-と順に定義する.

      ・モンローの体の曲線を使った「モンロー定規」もこれで作れる.座りやすい椅子の設計にはもってこいの定規と呼ばれている.




    2. 「Unform B-spline」 は,形状を順に,ポリライン(多角形)で(1)-(2)-(3)-(4)-と定義する.



[ 目次に戻る ]