Last updated: December 2008. Kajiyama             [ 目次に戻る ]

最初の設定 (初期設定)



  1. 操作画面 (復習)

    起動して「ファイル」->「新規」を選択すると,次の新しい作図のための操作画面が作られる.

    作図のためのインターフェイスは,


    [タイトルバー] にファイル名を表示

    [メニューバー] から,ツールを選択

    [ツールバー] を選択し操作を行う

    [ステイタスバー] に操作の説明を表示  

    [値制御ボックス] に長さ,座標を表示  
      キーボードから入力できる.


    操作画面とインターフェイス


  2. SketchUpのシステム環境設定のチェック

    単位としてメートル・ミリメートルを使用する.何もしないと外国製なのでインチが単位に使われる.

    a. 「テンプレート」のチェック

    ・「ウインドウ」->「環境設定」->「テンプレート」->「メートル_ミリメートル-3D」単位を図面テンプレートに選択する.

    ・ 注意:授業で使用するテンプレートは特製「製図3D用紙メートル_ミリメートル」.



    b. 「Open GL」のチェック

    Open GL は,最初はこの画面の状態で使用する.

    ・アクセラレーションでは「ハードウェア」を使わないを選択.
     
    メーカ,機種によりトラブルを起こしていますので,まずは使わないではじめる.

    ・機能は,「精度」を「高」にする.





    c. 「寸法数値の単位」のチェック

    ・寸法数値の単位は,「ウインドウ」->「モデル情報」->「単位」->長さの単位を 「十進表記,ミリメートル,精度 0mm」 にする.




    d. 初期設定を終えたら,必ず,メニューから「ファイル」->「新規」を選び新しい製図用紙に交換する.

      ・製図用紙には曲尺(かねじゃく)の代わりに人物が表示される.


    e. 「ツールバー」設定のチェック

    ・ 「表示」->「ツールバー」で「基本」の設定をはずし 「ラージツールセット」を選択する.




    f. 「プラグイン」設定のチェック

    ・ 「プラグイン」は,「Cドライブ」->「Program Files」->「Google」->「Google SketchUP6」->「Plugins」フォルダーの中にある.

    ・ 注意:授業で使用するプラグインは,後で解説する.

[ 目次に戻る ]