Last updated: 2016 -November 2012 -May 2011. Kajiyama             [ 目次に戻る ]

SketchUpでdxfファイルをエクスポートするプラグイン (LineDxf3m.rb)

  

Jw_cadで,SketchUp図面をDXF変換した図面ファイルを読む



  1. SketchUpの図面をJw_cadで読みたい・印刷したい.

    1. 目的 SketchUpの図面をJw_cadで読めるDXF図面形式にデータ変換する.図形の持つ面分の情報は線分の情報に翻訳する.ただし文字列は変換しない.

    2. 図面の生産性の向上のために「Sketchupでdxfファイルをエクスポートするプラグイン」を使用する.

      ・ 天越ブログ弐より「LineDxf3m.rb」をダウンロードし解凍する.

      ・ SketchUpを終了し,「LineDxf3m.rb」と「uconv.so」をGoogle/Google SketchUp 8/Pluginsのフォルダーに入れる.


  2. 使用法

    1. 「LineDxf3m.rb」をインストールすると,「プラグイン」のメニューの下部に「LineDXF」が表示される.

    2. DXF図面でエクスポートしたいモデルを正確に指定し,次に「LineDXF」をクリックし,6個のサブメニューの一つを選択する.

      マウスで指定したモデルを,次の方法でエクスポートする.

      1. 「3D==Line」は

      2. 「3D==Face」は

      3. 「2Dパース」は,「カメラ」->「標準ビュー」->「等角」の位置からみたDXF図面で出力.

      4. 「2D上面図」は,「カメラ」->「標準ビュー」->「平面図」の位置からみたDXF図面で出力.

      5. 「2D正面図」は,「カメラ」->「標準ビュー」->「正面図」の位置からみたDXF図面で出力.

      6. 「2D側面図」は,「カメラ」->「標準ビュー」->「側面図」の位置からみたDXF図面で出力.


    3. 「サブメニュー」を選択すると,新たに作成するDXF図面の「ファイル名」をたずねてくるので,入力する.




    4. DXF図面が作成される.これをJw_cadで読み込み表示する. ただしこの図形は図面とは呼ばない.


      「2Dパース」を選択すると,次のDXF図面が自動的に作成される.




      透視図もどき

      ▽SketchUpの「等角図」

      「2D上面図(平面図)」を選択すると,次のDXF図面が自動的に作成される.

      平面図もどき

      ▽SketchUpの「平面図」

      「2D正面図」を選択すると,次のDXF図面が自動的に作成される.

      正面図もどき
      ▽SketchUpの「正面図」

      「2D側面図」を選択すると,次のDXF図面が自動的に作成される.

      左側面図もどき
      ▽SketchUpの「左側面図」



    5. 変換したDXF図面に描いた図形には,大量の不要な「隠れ線,重複する線や連結整理が必要な線」があるので「データの整理」をJw_cadで必ず行う.

    6. 次に,Jw_cadで,基準線,寸法・文字入れ等を行い製図の図面に仕上げる.



      正面図


  3. 平面図(モデルのX-Y断面)や断面図(モデルのX-Z断面・Y-Z断面)をエクスポートする.


  4. Jw_cadでエクスポートした「DXFファイル」を必ず確認する.

    ・ dxfファイルには縮尺の情報が無いので,図形が画面に現れないことがある.織尺を1/100や1/200と変えて確認する.

    ・ 図面の単位はSketchupがmm単位であれば,Jw_cadもmm単位になるはずである.

    ・ 「データの整理」による図形と図面の後処理も待っている.



[ 目次に戻る ]