Last updated: August 2009. Kajiyama             [ 目次に戻る ]

PovRayでレンダリング -[.pov]を作成- プラグイン (su2pov3.rb)



 

スケッチアップのCAD画像

 

Pov-RayのCG画像



  1. 図面の生産性の向上のために SketchUpでモデルを作り,「PovRayでレイトレーシング法によるレンダリングをするためのPovRay用ファイル」を作成するプラグインを使用する.

    ・ 「su2pov3.rb」をダウンロードし,ダウンロードしたファイルが ZIP 形式になっている場合は解凍する.

    ・ SketchUpを終了し,「su2pov3.rb」「su2pov」の二つをGoogle/Google SketchUp 6/Pluginsのフォルダーに入れる.

      (Pov-Rayはインストールされていることとする.またPov-Rayの受講体験はあるものとする.なければ自習)

    ・ できるだけ改良が進んでいる最新版のプラグインを手に入れる.


  2. 次に,プラグインが自動的に作成するPovRay用のファイルの送り先「フォルダ」を準備する.

    ・ Cドライブに「sketchup2pov」の名前のフォルダを作成する.場所は「SketchUp6」->「Plugins」の中でもよい.


  3. 「su2pov3.rb」をインストールすると,「Plugins」の下部に「instant POV-RAY render」が現れる.



  4. 使用方法

    a. SketchUpで作成する「CADファイル名」は,半角英数字にする.日本語だとエラーになる

    b. 作成したSketchUpのCADファイルを,Cドライブの「sketchup2pov」フォルダの中にいれ,SketchUpを起動する.

    c. 「Plugins」をクリックすると「instant POV-RAY render」が現れ,「Go」をクリックすると,

      Cドライブの「sketchup2pov」フォルダの中に,「同名のフォルダ」が新たに作成される.

    d. 同名のフォルダの中に,「Pov-Ray」で使用できる形式の[.pov]ファイルと,このファイルが使用するマテリアル画像が作られる.


    e. 同時に「Pov-Ray」が自動的に起動し,ファイルが読み込まれる.

    f. 「Pov-Ray」の「Run」をクリックするとレンダリングが始まる.

    g. 「sketchup」−>「Pov-Ray」へのデータの変換は完全ではないので,「シーン記述文」を分析しエディターで修正する.




    SketchUpで作成した図形とCAD画像
     





    SketchUpで作成した図形をPov rayでレンダリングしたCG画像
     
    //  Persistence  Of  Vision  raytracer  version  3.5  (or  higher)  file.
    //  Exported  from  Sketchup  6.4.112  (ja)  through  SU2POV  3.2.  by  D.  Bur.
    //  25/08/2009,  01:53
    //-------------------------------------------
    //  Pov-Ray  includes
    #include  "colors.inc"
    #include  "glass.inc"
    #include  "glass_old.inc"
    #include  "metals.inc"
    #include  "woods.inc"
    #include  "stones.inc"
    #include  "skies.inc"
    #include  "stars.inc"
    #include  "finish.inc"
    #include  "rad_def.inc"
    #include  "textures.inc"
    #include  "golds.inc"
    #include  "sunpos.inc"
    #include  "math.inc"
    #include  "transforms.inc"
    //-------------------------------------------
    //  Declare  section
    //Gamma
    #declare  GAMMA=2;
    //Default  finish
    #default  { texture  { finish { ambient 0.1 diffuse 0.7 brilliance 0 roughness 0.005 } } }
    //  Finishes
    #declare  Dull  =  finish  {specular  0.5  roughness  0.2}
    #declare  Shiny  =  finish  {specular  1  roughness  0.0003}
    #declare  Glossy  =  finish  {specular  1  roughness  0.0003  reflection  0.1}
    #declare  Phong_Glossy  =  finish  {phong  10  phong_size  300  reflection  0.1}
    #declare  Phong_Dull  =  finish  {phong  0.5    phong_size  1}
    #declare  Luminous  =  finish  {ambient  0    diffuse  20}
    #declare  Mirror  =  finish  {ambient  0    diffuse  0  reflection  0.97}
    //  Lights  colors
    #declare  Incandescence  =  rgb  <1,  0.9,  0.6>;
    #declare  Halogen  =  rgb  <1,  0.98,  0.85>;
    #declare  Sodium  =  rgb  <1,  0.6,  0.2>;
    #declare  Neon  =  rgb  <0.9,  0.95,  1>;
    #declare  Mercury  =  rgb  <0.92,  1,  0.92>;
    #declare  Lightbulb  =  sphere  {
           <0,0,0>,1.5
           scale  <1,1.3,1>
           texture  {  pigment  {color  rgb  <1,  1,  0.5>}}
           finish  {  Luminous  }
           }
    //-------------------------------------------
    //Radiosity  settings
    global_settings  {
    assumed_gamma  GAMMA
    ambient_light  rgb  <2,2,2>
    max_intersections  64
    max_trace_level  5
    number_of_waves  10
    radiosity  {
           adc_bailout  0.05
           count  200
           error_bound  2
           gray_threshold  0.8
           media  on
           normal  on
           }
    }
    //-------------------------------------------

    Pov Ray用にプラグインで変換した図形データの一部
    [ファイル名 . pov]

[ 目次に戻る ]