Last updated: November 2012 - 2010. Kajiyama             [ 目次に戻る ]

STLファイル形式でSketchUpのファイルをインポート/エクスポートする
SketchUp Ver.7/8用のプラグイン (su2stl.rbs)

 

@SketchUpのskpファイルをSTLファイルで出力とASketchUpでSTLファイルを読み込み表示


・Windows Vista Sketchup8で動作確認
・Windows XP Sketchup8で動作確認
  1. 注意 パスに日本語を使用しない.STLファイルはディレクトリ・ファイル名で日本語が使えない.


  2. SketchUpの図面を3Dプリンターで使用するSTLファイルに変換し,作成したSTLファイルをSketchUpで確認したい


    1. 図面の生産性の向上のために「STLファイル形式にインポート/エクスポートするプラグイン」を使用する.

      ・ 「su2stl.rbs」をダウンロードし,解凍する.

      ・ SketchUpを終了し,「su2stl.rbs」をGoogle/Google SketchUp 8/Pluginsのフォルダーに入れる.


    2. 「su2stl.rbs」をインストールすると,「プラグイン」のメニューの下部に「Export STL file」と「Import STL file」が表示される.




  3. STL形式で出力

    1. STL形式に変換したい図形を選択する.

       

    2. 次に,「Export STL file」をクリックすると,STL形式のファイルの単位を選択する画面が出てくるので「ミリメーター」で指定する.

       

    3. 「OK」をクリツクし[ファイル名.stl]を付けて保存する.

      ・注意 全てのパスに日本語を使用しない.STLファイルはディレクトリ名・ファイル名で日本語が使えない.


  4. STL形式で入力し,立体図形を確認する

    1. Import STL file」をクリックし,STL形式のファイルを選択する.

      ・注意 パスに日本語を使用していると読み込めない.STLファイルはディレクトリ名・ファイル名で日本語が使えない.

    2. 選択すると,次の画面に変わるので,STL形式のファイルの単位を「ミリメーター」で指定する.




    3. うまく行けば,平面図形の三角パッチで立体を覆ったSTL形式の図形が表示される.





  5. 3Dプリンターで使用できるSTLファイルかどうか,表示したSTLモデルの立体図形をチェックする.

    1. 立体が三角パッチで覆われているか,前から後ろから,中で回転し,さらに「面スタイル->X線」で透視して確認する.

    2. 三角パッチが全て表を向いているか確認する.三角パッチの法線がどちら向きなのかの知識が必要である..

    3. 三角パッチに問題があればSketchUpのモデルをつくり直しましょう.SketchUpのモデルで,空気に触れる面は全て表面にする.

      ものづくりのためのCADの勉強のやり直しが必要.




[ 目次に戻る ]