Last updated: June 2009. Kajiyama             [ 目次に戻る ]

高低差のある敷地で利用する階段とスロープの設計



  1. 高低差5mの二つの敷地がある.この段差のある敷地を(1)階段と(2)スロープで行き来できるように提案する.
    必要な寸法は図の中に記入.階段やスロープの勾配は社会的な根拠のある値にする.
    設計の考え方や根拠にした情報はA4一枚にまとめて提出する.


    演習用の3D-CAD図面 [slope01.EXE]  ダウンロードし解凍する.





  2. 5%勾配 (1/20 5m垂直に昇るには100mの水平距離を必要とする) のスロープでは,このようなデザインになる.






  3. 受講者の作品展示



    作者 80632009



    作者 80641009


[ 目次に戻る ]