Last updated: March 2008. Kajiyama             [ 目次に戻る ]

POV-Rayが準備している関数のリスト


算術演算子
=等号 equal signA=B A equals B
+足し算 additionA+B A plus B equals A+B
-引き算 subtractionA-B A minus B equals A-B
/割り算 divisionA/B A divided B equals A/B
*掛け算 multiplicationA*B A times B equals A*B
div(A,B)商 quotiens整数の割り算 の整数部分
mod(A,B)余り remainders R or r整数(A/B)の割り算の余り
公式は((A/B) - int(A/B))*B
pow(A,B)べき乗 powersAのB乗 pow(A,4)=A*A*A*A
sqrt(A)平方根 square roots2乗するとAになる値
piπ pi 円周率 3.1415926・・・
数値操作
int(A)整数部分 integers小数点は切り捨てる
abs(A)絶対値 absolute valuesAが負数であれば-Aを、そうでなければA
ceil(A)上限値Aより大きい最小の整数 Aの次に高い整数に丸める
floor(A)下限値Aより小さい最大の整数 Aの次に低い整数に丸める
max(A,B)最大値A > BであればA、A < BであればB
min(A,B)最小値A < BであればAを返し、A> BであればB
乱数
rand(A)正の整数Aで指定する乱数表から乱数を作る
乱数の値は0.0〜1.0
rand( )の前にseed( )を使って乱数表を初期化する
別々の乱数表によって生成した乱数は、互いに独立した値である
seed(A)初期値Aによって新しい乱数表R1、R2を作成する このランダム・ストリームに相当する数が返される
新し乱数表R1、R2を使用する例
例) #declare R1 = seed(0)
   #declare R2 = seed(123)
   #sphere { <rand(R1), rand(R1), rand(R1)>, rand(R2) }
指数関数 exponential functions
exp(A)指数 exponents自然対数の底がe(2.718・・・)のとき、eのA乗の値
対数関数 logarithmic functions
log(A)常用対数(底が10) common logarithms入力はA
ln(A)自然対数(底がe) natural logarithms入力はA
三角関数 trigonometric functions
radians(A)「度°」−> 「ラジアン」に変換A度°の値をラジアンに
公式は radians=A*pi/180.0
degrees(A) 「ラジアン」−> 「度°」 に変換Aラジアンの値を度°に
公式は degrees=A/pi*180.0
sin(A)正弦 sine functions入力Aはラジアン
cos(A)余弦 cosine functions入力Aはラジアン
tan(A)正接 tangent functions入力Aはラジアン
asin(A)逆正弦 arc sine functions出力は角度(ラジアン) 出力値の正弦はA
acos(A)逆余弦 arc cosine functions出力は角度(ラジアン) 出力値の余弦はA
atan2(A,1)逆正接 arc tangent functions出力は角度(ラジアン) 出力値の正接はA
atan2(A,B)逆正接A/Bの計算出力は角度(ラジアン) 出力値の正接はA/B
Bが0であっても適切な値となる
通常のatan(A)の計算にはatan2(A,1) を使用
sinh(A)双曲線正弦入力Aはラジアン
cosh(A)双曲線余弦入力Aはラジアン
tanh(A)双曲線正接入力Aはラジアン
asinh(A)逆双曲線正弦出力は角度(ラジアン) 出力値の双曲線正弦はA
acosh(A)逆双曲線余弦出力は角度(ラジアン) 出力値の双曲線余弦はA
atanh(A)逆双曲線正接出力は角度(ラジアン) 出力値の双曲線正接はA

[ 目次に戻る ]