Last updated: 2015 -2014. Kajiyama                    [ 目次に戻る ]

プログラムの結果は,キャンバスかコンソールに表示



  1. プログラムの結果を表示する「キャンバス」と「コンソール画面」

    1. Processingは,ソースファイルを実行した結果を,描画あるいは作図する,

      ・この結果を作図する画面を,キャンバス(実行画面)と呼ぶ.

    2. Processingは,結果の中の数値計算や実行プロセスを,統合開発環境のコンソール画面に表示できる.

      ・この場合は,ソースファイルの中にprintln( )を使用しなければならない.

    
    
    キャンバス(実行画面)
    
    
    
    統合開発環境のコンソール領域
    


  2. println( )を使用して計算結果を,コンソールへ出力する.

    ・ソースファイルをエデター領域にコピペし実行する.

    ソースファイル
    //足し算 割り算の計算
    
    float a = 100.0;
    float b = 200.0;
    float c = a + b;
    float d  = a / b;
    
    println(a); // 100
    println(b); // 200
    println(" a = " + a + "です");
    println(" b = " + b + "です");
    println(" a + b = " + c + "です");
    println(" a ÷ b = " + d + "です");
    
    


    実行結果
    println( )は統合開発環境のコンソール領域に表示する



  3. text( )を使用して計算結果を,キャンバスへ出力する.

    ・ソースファイルをエデター領域にコピペし実行する.

    ソースファイル
    //足し算 割り算の計算
    
    void setup() {
      size(300, 350);// キャンバスの大きさ
    }
    
    void draw() {
    
    float a = 100.0;
    float b = 200.0;
    float c = a + b;
    float d = a / b;
    
    fill(0);    // 文字の色:黒を指定
    
    text(a, 50, 50); // 50,50はxy座標
      // println(a);
    text(b, 50, 100);
      // println(b);
    text(" a = " + a + "です", 50, 150);
      // println(" a = " + a + "です");
    text(" b = " + b + "です", 50, 200);
      // println(" b = " + b + "です");
    text(" a + b = " + c + "です", 50, 250);
      // println(" a + b = " + c + "です");
    text(" a ÷ b = " + d + "です", 50, 300);
      // println(" a ÷ b = " + d + "です");
    
    }
    
    
     
    統合開発環境
     
    キャンバスに表示する

[ 目次に戻る ]