Last updated: 2015 -2014. Kajiyama                    [ 目次に戻る ]

for ループを使って直線を繰返し描く



Processingリファレンス - for ループ
  1. for ループ

      a. for ループとは、ブロック内の処理を指定した条件が満たされるまで繰り返し実行する.

      b. for ループの構文

      //サンプル 円の中心座標を forで処理
      
      void setup ( ) {
        size(500, 500); //キャンバスの大きさ
      }
      
      int i;
      int x = 0;int y = 0;
      
      void draw( ) {
        for(i = 1; i <= 45; i=i+1) {
          x = 10 * i;y = 10 * i;
          ellipse(x, y, 10, 10);
        }
      }
      
      
      
      c. 2重 for ループの構文

      //サンプル 円の中心座標を2重 forで処理
      
      void setup ( ) {
        size(500, 500); //キャンバスの大きさ
      }
      
      int i;int j;
      int x = 0;int y = 0;
      
      void draw( ) {
        for(i = 1; i <= 45; i=i+1) {
           for(j = 1; j <= 45; j=j+1) {
             x = 10 * i;y = 10 * j;
             ellipse(x, y, 10, 10);
           }
        }
      }
      
      


  2. 等間隔の直線を描く

    ・次のソースファイルをコピーして,Processing開発環境のエディタ領域に貼り付ける.

    ソースファイル
    //ファイル名:sketch_xxxxxxxxxx.pde 
    //直線を描く
    
    void setup ( ) {
      size(500, 500); //キャンバスの大きさ
      background(255);//キャンバスの背景色を白
      strokeWeight(10);//線の太さを10ピクセルに
    }
    
    void draw( ) {
     line(100, 100, 100, 400);
     line(150, 100, 150, 400);
     line(200, 100, 200, 400);
     line(250, 100, 250, 400);
     line(300, 100, 300, 400);
     line(350, 100, 350, 400);
     line(400, 100, 400, 400);
      
    //save("st_line_1e.jpg");// 実行結果を画像形式で保存
    //noLoop();//繰返し処理を止める
    
    }
    
    
    実行結果


  3. 変数を探す

    ・次のソースファイルをコピーして,Processing開発環境のエディタ領域に貼り付ける.

    ソースファイル
    //ファイル名:sketch_xxxxxxxxxx.pde 
    //変数で直線を描く
    
    void setup ( ) {
      size(500, 500); //キャンバスの大きさ
      background(255);//キャンバスの背景色を白
      strokeWeight(10);//線の太さを10ピクセルに
    }
    
    void draw( ) {
    int x1 = 50; int y1 = 100;//最初の直線の座標
    int x2 = 50; int y2 = 400;
    
     line(50*2, y1, 50*2, y2);
     line(50*3, y1, 50*3, y2);
     line(50*4, y1, 50*4, y2);
     line(50*5, y1, 50*5, y2);
     line(50*6, y1, 50*6, y2);
     line(50*7, y1, 50*7, y2);
     line(50*8, y1, 50*8, y2);
    
    //save("st_line_1e2.jpg");// 実行結果を画像形式で保存
    //noLoop();//繰返し処理を止める
    }
    
    
    実行結果

  4. forループと変数

    ・次のソースファイルをコピーして,Processing開発環境のエディタ領域に貼り付ける.

    ソースファイル
    //ファイル名:sketch_xxxxxxxxxx.pde 
    //forループと変数で直線を描く
    
    void setup ( ) {
      size(500, 500); //キャンバスの大きさ
      background(255);//キャンバスの背景色を白
      strokeWeight(10);//線の太さを10ピクセルに
    }
    
    void draw( ) {
    int x1; int y1 = 100;//最初の直線の座標
    int x2; int y2 = 400;
    
      for (int i = 2; i <=8; i = i+1 ) { 
         x1 = 50*i; x2 = x1;
         line(x1, y1, x1, y2);
      }
    
    //save("st_line_1e3.jpg");// 実行結果を画像形式で保存
    //noLoop();//繰返し処理を止める
    }
    
    
    実行結果

  5. forループで間隔を変えてみる

    ・次のソースファイルをコピーして,Processing開発環境のエディタ領域に貼り付ける.

    ソースファイル
    //ファイル名:sketch_xxxxxxxxxx.pde 
    //forループと変数で直線を描く
    
    void setup ( ) {
      size(500, 500); //キャンバスの大きさ
      background(255);//キャンバスの背景色を白
      strokeWeight(10);//線の太さを10ピクセルに
    }
    
    void draw( ) {
    int x1; int y1 = 100;//最初の直線の座標
    int x2; int y2 = 400;
    
      for (int i = 1; i <=24; i = i+1 ) { 
        x1 =20*i;x2 = x1;
        line(x1, y1, x2, y2);
      }
    
    //save("st_line_1f.jpg");// 実行結果を画像形式で保存
    //noLoop();//繰返し処理を止める
    }
    
    
    実行結果

  6. 1個のforループで変数を変えてみる

    ・次のソースファイルをコピーして,Processing開発環境のエディタ領域に貼り付ける.

    ソースファイル
    //ファイル名:sketch_xxxxxxxxxx.pde 
    //2重のforループで直線を描く
    
    void setup ( ) {
      size(500, 500); //キャンバスの大きさ
      background(255);//キャンバスの背景色を白
      strokeWeight(10);//線の太さを10ピクセルに
    }
    
    void draw( ) {
    int x1; int y1 = 50;//最初の直線@の座標
    int x2; int y2 = 450;
    int x3 = 50; int y3;//最初の直線Aの座標
    int x4 = 450; int y4;
      for (int i = 1; i <=9; i = i+1 ) { 
        x1 =50*i;x2 = x1;
        y3 =50*i;y4 = y3;
          stroke(0,0,255);//縦の線色を青
        line(x1, y1, x2, y2);
          stroke(255,0,0);//横の線色を赤
        line(x3, y3, x4, y4);
      }
    
    //save("st_line_1g.jpg");// 実行結果を画像形式で保存
    //noLoop();//繰返し処理を止める
    }
    
    
    実行結果

  7. 二重のforループで変数を変えてみる

    ・次のソースファイルをコピーして,Processing開発環境のエディタ領域に貼り付ける.

    ソースファイル
    //ファイル名:sketch_xxxxxxxxxx.pde 
    //2重のforループで直線を描く
    
    void setup ( ) {
      size(500, 500); //キャンバスの大きさ
      background(255);//キャンバスの背景色を白
      strokeWeight(10);//線の太さを10ピクセルに
    }
    
    void draw( ) {
    int x1;int y1;//最初の直線の座標
    int x2;int y2;
    
      for (int i = 1; i <=8; i = i+1 ) { 
        for (int j = 1; j <=8; j = j+1 ) { 
         x1 = 50*i; x2 = x1 +40;
         y1 = 50*j; y2 = y1 +40;
         line(x1, y1, x2, y2);
        }
      }
    
    //save("st_line_1h.jpg");// 実行結果を画像形式で保存
    //noLoop();//繰返し処理を止める
    }
    
    
    実行結果

[ 目次に戻る ]