Last updated: 2015 -2014. Kajiyama                    [ 目次に戻る ]

一次元配列 array[ ] の操作



  1. 配列の要素の総数・サイズを求める 配列名.length

    ・次のソースファイルをコピーして,Processing開発環境のエディタ領域に貼り付ける.

    ソースファイル
    //String 文字列型で一次元の配列を定義 String [ ] array = { "2", "1970年", "60", "60", "10" }; println (array.length); // 配列の要素の総数を求める
    コンソール画面に実行結果 5



  2. processingの配列関数 Array Function

    機能processingの配列関数
    配列の末尾に追加append(配列名, element);
    配列の末尾を削除shorten(配列名);
    配列にデータを挿入splice(配列名, value, index) ;
    配列1を配列2に上書きarrayCopy(配列名1, 配列名2);
    配列1と配列2の結合concat(配列名1, 配列名2);
    配列サイズの拡張expand(配列名, newSize);
    配列の順序を反転reverse(配列名);
    配列のソート・昇順sort(配列名) ;
    指定範囲の配列を取得subset(配列名, offset, length);

    ・リファレンス Array関数・配列関数

    ・リファレンス 配列関数


    1. 配列の末尾に要素を追加する append(配列名, element);

      ・次のソースファイルをコピーして,Processing開発環境のエディタ領域に貼り付ける.

      ソースファイル
      //String 文字列型で一次元の配列を定義 String [ ] array = { "2", "1970年", "60", "60", "10" }; array = append( array, "花" ); //配列の末尾に追加 // 配列を要素番号(index)で呼び出して表示 for (int i = 0; i < array.length; i=i+1 ) { println (array[i]); }
      コンソール画面に実行結果 2 1970年 60 60 10 花

    2. 配列の末尾の要素を取り除く shorten(配列名);

      ・次のソースファイルをコピーして,Processing開発環境のエディタ領域に貼り付ける.

      ソースファイル
      //String 文字列型で一次元の配列を定義 String [ ] array = { "2", "1970年", "60", "60", "10" }; array = shorten( array ); //末尾の要素を取り除く // 配列を要素番号(index)で呼び出して表示 for (int i = 0; i < array.length; i=i+1 ) { println (array[i]); }
      コンソール画面に実行結果 2 1970年 60 60

    3. 配列の途中に要素を追加する splice(配列名, value, index) ;

      ・次のソースファイルをコピーして,Processing開発環境のエディタ領域に貼り付ける.

      ソースファイル
      //String 文字列型で一次元の配列を定義 String [ ] array = { "2", "1970年", "60", "60", "10" }; array = splice( array, "花", 2); //要素2番の位置にデータ挿入 // 配列を要素番号(index)で呼び出して表示 for (int i = 0; i < array.length; i=i+1 ) { println (array[i]); }
      コンソール画面に実行結果 2 1970年 花 60 60 10


    4. 配列1を配列2に上書き  arrayCopy(配列名1, 配列名2);

      ・次のソースファイルをコピーして,Processing開発環境のエディタ領域に貼り付ける.

      ソースファイル
      //String 文字列型で一次元の配列を定義 String [ ] array1 = { "2", "1970年", "60", "60", "10" }; String [ ] array2 = { "1", "1", "1", "1", "1" }; arrayCopy( array1, array2 ); //配列1を配列2にコピー // 配列を要素番号(index)で呼び出して表示 for (int i = 0; i < array2.length; i=i+1 ) { println (array2[i]); }
      コンソール画面に実行結果 2 1970年 60 60 10

    5. 配列1と配列2の結合 concat(配列名1, 配列名2);

      ・次のソースファイルをコピーして,Processing開発環境のエディタ領域に貼り付ける.

      ソースファイル
      //String 文字列型で一次元の配列を定義 String [ ] array1 = { "2", "1970年", "60", "60", "10" }; String [ ] array2 = { "1", "1", "1", "1", "1" }; String [ ] array3 =concat( array1, array2 );//配列1と配列2の結合 // 配列を要素番号(index)で呼び出して表示 for (int i = 0; i < array3.length; i=i+1 ) { println (array3[i]); }
      コンソール画面に実行結果 2 1970年 60 60 10 1 1 1 1 1

    6. 以下省略

[ 目次に戻る ]