Last updated: 2015 -2014. Kajiyama                    [ 目次に戻る ]

Processingの指数関数・対数関数


  1. 数学関数

    ・指数関数・対数関数はProcessingに最初から組み込まれている.


  2. 指数関数・対数関数

      機能processingの関数
      ex 指数exp (x);
      loge (x) 自然対数log (x);
        
      xの2乗sq(x);
      xのa乗pow(x, a);

      ap = M ⇔ p = loga M すなわち loga ap = p ( a > 0, a ≠ 1, M >0 )

      logaa = 1,loga1 = 0,loga(1/a) = -1

      logab = (logcb) / (logca)

      ・ 参考 指数関数/  対数関数 -wikipedia


    1. ex 指数関数 (eのx乗を求める)

      ・次のソースファイルをコピーして,Processing開発環境のエディタ領域に貼り付ける.

      // ex 指数関数
      
      println (Math.E);   // ネイピア数(Napier's constant)オイラー数
      println( exp (0) ); // e0
      println( exp (1) ); // e1
      println( exp (10) );// e10
      
      コンソール画面に実行結果
      
      ネイピア数(定数)
      2.718281828459045
      1.0
      2.7182817(自然対数の底 e)
      22026.465
      


      ・次のソースファイルをコピーして,Processing開発環境のエディタ領域に貼り付ける.

      // ab べき乗
      
      float e = 2.7182817;
      println (pow(e, 0)); // e0
      println (pow(e, 1)); // e1
      println (pow(e, 10)); // e10
      
      コンソール画面に実行結果
      
      
      1.0
      2.7182817(自然対数の底 e)
      22026.459
      


    2. loge (x) 自然対数関数 xの自然対数(eを底とする対数)

      ・次のソースファイルをコピーして,Processing開発環境のエディタ領域に貼り付ける.

      // loge (x) 自然対数関数
      
      println( log (1) );// aの自然対数(eを底とする対数) loge(1)
      println( log (2.7182817) );// loge(2.7182817)
      println( log (22026.465) );// loge(22026.465)
      
      // xの常用対数(10を底とする対数)log10(a)
      //p Math.log10 (a); 
      
      コンソール画面に実行結果
      
      0.0
      0.99999994
      10.0
      

[ 目次に戻る ]