Last updated: 2016 -2014. Kajiyama                    [ 目次に戻る ]

動き出す詩文 



Processingリファレンス - テキスト変数・テキスト描画・フォント

  1. マウスの動きに合わせ文章を表示する

    ・次のソースファイルをコピーして,Processing開発環境のエディタ領域に貼り付ける.

    ・このソースファイルをデータフォルダー「Sketchbook」の中にファイル名を付けて保存する.

    ソースファイル
    //ファイル名:sketch_xxxxxxxxxx.pde
    //マウスで文章を動かす
    
    void setup() {
      //キャンバス(実行画面)の設定
      size(300, 400); //キャンバスの大きさ
      background(255);//キャンバスの背景色 白
    
      // 日本語フォントを選択指定する呪文
      PFont font = createFont("MS Gothic",48,true);
      textFont(font);  //選択したフォントを使用する
      textSize(15);    //フォントの表示サイズ
      fill(255,0,0);// フォントの色 赤
    }
    
    String hakushu01 = "「空に真赤な」北原白秋 邪宗"
    +"門\n\n空に真赤な雲のいろ。\n玻璃に真赤な酒の色。"
    +"\nなんでこの身が悲しかろ。\n空に真赤な雲のいろ。";
    
    void draw() {
      background(255);//文章を消すために白を繰返し塗る
      textLeading (40);  //行間を指定する
      text(hakushu01, mouseX, mouseY);//マウスの位置に文章を描く
    
    //save("text_01f.jpg");// 実行結果を画像形式で保存
    //noLoop();//繰返し処理を止める
    }
    
    実行結果 マウスで文章を動かす


  2. 文章をスクロール表示する

    ・次のソースファイルをコピーして,Processing開発環境のエディタ領域に貼り付ける.

    ・このソースファイルをデータフォルダー「Sketchbook」の中にファイル名を付けて保存する.

    ソースファイル
    //ファイル名:sketch_xxxxxxxxxx.pde
    //マウスで文章を動かす
    
    void setup() {
      //キャンバス(実行画面)の設定
      size(300, 400); //キャンバスの大きさ
      background(255);//キャンバスの背景色 白
     
      // 日本語フォントを選択指定する呪文
      PFont font = createFont("MS Gothic",48,true);
      textFont(font);  //選択したフォントを使用する
      textSize(15);    //フォントの表示サイズ
      fill(255,0,0);// フォントの色 赤
      
      frameRate(15);//1秒間に画面を15回描画する
    }
    
    String hakushu01 = "「空に真赤な」北原白秋 邪宗"
    +"門\n\n空に真赤な雲のいろ。\n玻璃に真赤な酒の色。"
    +"\nなんでこの身が悲しかろ。\n空に真赤な雲のいろ。";
    
        int x = 30;//xyの位置の最初の値 
        int y = 390;
    
    void draw() {
    
      background(255);//文章を消すために白を繰返し塗る
      textLeading (40);  //行間を指定する
      
      y=y-10;//yの位置をスクロールさせる
      text(hakushu01, x, y);//xyの位置に文章を描く
      
      if (y <=-190) {
       y=390;//yが-190になると最初からやり直す
      }
    
    //save("text_01f.jpg");// 実行結果を画像形式で保存
    //noLoop();//繰返し処理を止める
    }
    
    実行結果 スクロールで文章を動かす


  3. X軸方向にランダムな動きをしながら文章を表示

    ・次のソースファイルをコピーして,Processing開発環境のエディタ領域に貼り付ける.

    ・このソースファイルをデータフォルダー「Sketchbook」の中にファイル名を付けて保存する.

    ソースファイル
    //ファイル名:sketch_xxxxxxxxxx.pde
    //X方向にランダムに文章を描く
    
    void setup() {
      // キャンバス(実行画面)の設定
      size(300, 400); // キャンバスの大きさ
      background(255);// キャンバスの背景色 白
      // 日本語フォントを選択指定する呪文
      PFont font = createFont("MS Gothic",48,true);
      textFont(font);// 選択したフォントを使用する
      textSize(15);  // フォントの表示サイズ
      fill(255,0,0);// フォントの色 赤
      frameRate(20);//フレームレート 1秒間に書き換える回数
    }
    
    void draw() {
    //X座標値をランダムな数値にする
    float x1 = 10+random (-10, 10);//文章のx1位置
    float x2 = 50+random (-10, 10);//文章のx2位置
    float x3 = 50+random (-10, 10);//文章のx3位置
    float x4 = 50+random (-10, 10);//文章のx4位置
    float x5 = 50+random (-10, 10);//文章のx5位置
    
      //文章のX座標を変数にする
      background(255);//文章を消すために白を繰返し塗る
      text("「空に真赤な」北原白秋 邪宗門",x1,50);
      //text("",50,200);
      text("空に真赤な雲のいろ。",x2,150);
      text("玻璃に真赤な酒の色。",x3,200);
      text("なんでこの身が悲しかろ。",x4,250);
      text("空に真赤な雲のいろ。",x5,300);
    
    //save("text_01g.jpg");// 実行結果を画像形式で保存
    //noLoop();//繰返し処理を止める
    }
    
    実行結果


  4. Y軸方向にランダムな動きをしながら文章を表示

    ・次のソースファイルをコピーして,Processing開発環境のエディタ領域に貼り付ける.

    ・このソースファイルをデータフォルダー「Sketchbook」の中にファイル名を付けて保存する.

    ソースファイル
    //ファイル名:sketch_xxxxxxxxxx.pde 
    //Y方向にランダムに文章を描く
    
    void setup() {
      // キャンバス(実行画面)の設定
      size(300, 400); // キャンバスの大きさ
      background(255);//文章を消すために白を繰返し塗る
      // 日本語フォントを選択指定する呪文
      PFont font = createFont("MS Gothic",48,true);
      textFont(font);// 選択したフォントを使用する
      textSize(15);  // フォントの表示サイズ
      fill(255,0,0);// フォントの色 赤
      frameRate(10);//フレームレート 1秒間に書き換える回数
    }
    
    void draw() {
    //Y座標値をランダムな数値にする
    float y1 = 50+random (-10, 10);//文章のy1位置
    float y2 = 150+random (-10, 10);//文章のy2位置
    float y3 = 200+random (-10, 10);//文章のy3位置
    float y4 = 250+random (-10, 10);//文章のy4位置
    float y5 = 300+random (-10, 10);//文章のy5位置
    
      //文章のY座標を変数にする
      background(255);//キャンバスの背景色繰返し塗る 白
      text("「空に真赤な」北原白秋 邪宗門",30, y1);
      //text("",50,200);
      text("空に真赤な雲のいろ。",50, y2);
      text("玻璃に真赤な酒の色。",50, y3);
      text("なんでこの身が悲しかろ。",50, y4);
      text("空に真赤な雲のいろ。",50, y5);
    
    //save("text_01h.jpg");// 実行結果を画像形式で保存
    //noLoop();//繰返し処理を止める
    }
    
    実行結果


  5. X-Y軸方向にランダムな動きをしながら文章を表示

    ・次のソースファイルをコピーして,Processing開発環境のエディタ領域に貼り付ける.

    ・このソースファイルをデータフォルダー「Sketchbook」の中にファイル名を付けて保存する.

    ソースファイル
    //ファイル名:sketch_xxxxxxxxxx.pde 
    //X-Y方向にランダムに文章を描く
    
    void setup() {
      // キャンバス(実行画面)の設定
      size(300, 400); // キャンバスの大きさ
      background(255);//文章を消すために白を繰返し塗る
      // 日本語フォントを選択指定する呪文
      PFont font = createFont("MS Gothic",48,true);
      textFont(font);// 選択したフォントを使用する
      textSize(15);  // フォントの表示サイズ
      fill(255,0,0);// フォントの色 赤
      frameRate(10);//フレームレート 1秒間に書き換える回数
    }
    
    void draw() {
    //X座標値をランダムな数値にする
    float x1 = 10+random (-10, 10);//文章のx1位置
    float x2 = 50+random (-10, 10);//文章のx2位置
    float x3 = 50+random (-10, 10);//文章のx3位置
    float x4 = 50+random (-10, 10);//文章のx4位置
    float x5 = 50+random (-10, 10);//文章のx5位置
    //Y座標値をランダムな数値にする
    float y1 = 50+random (-10, 10);//文章のy1位置
    float y2 = 150+random (-10, 10);//文章のy2位置
    float y3 = 200+random (-10, 10);//文章のy3位置
    float y4 = 250+random (-10, 10);//文章のy4位置
    float y5 = 300+random (-10, 10);//文章のy5位置
    
      //文章のX-Y座標を変数にする
      background(255);//キャンバスの背景色繰返し塗る 白
      text("「空に真赤な」北原白秋 邪宗門",  x1,y1);
      //text("",50,200);
      text("空に真赤な雲のいろ。", x2, y2);
      text("玻璃に真赤な酒の色。",x3, y3);
      text("なんでこの身が悲しかろ。", x4, y4);
      text("空に真赤な雲のいろ。", x5, y5);
    
    //save("text_01i.jpg");// 実行結果を画像形式で保存
    //noLoop();//繰返し処理を止める
    }
    
    
    実行結果

[ 目次に戻る ]