出典  暫定的な英訳は環境省 法律文章の表現構造は複雑です。対訳を通して基本用語を抽出して下さい。梶山

THE BASIC ENVIRONMENT LAW

(Tentative Translation)
Law No.91 of 1993.
Effective on November 13, 1993

環境基本法

(平成五年十一月十九日法律第九十一号)
最終改正:平成一六年六月二日
法律第七八号
Chapter 1 General Provisions (Articles 1-13)

Chapter 2 Basic Policies for Environmental Conservation

Section 1 Guidelines for Policy Formulation (Article 14)

Section 2 Basic Environment Plan (Article 15)

Section 3 Environmental Quality Standards (Article 16)

Section 4 Environmental Pollution Control in Specific Areas (Articles 17 and 18)

Section 5 Implementation of Policies for Environmental Conservation by the State (Articles 19-31)

Section 6 International Cooperation for Global Environmental Conservation etc. (Articles 32-35)

Section 7 Implementation of Policies by Local Governments (Article 36)

Section 8 Bearing of Costs and Financial Measures (Articles 37-40)


Chapter 3 Environment Council etc.

Section 1 Environment Council (Articles 41-44)

Section 2 Conference on Environmental Pollution Control (Articles 45 and 46)


Supplementary Provision
第一章 総則 (第一条―第十三条)

第二章 環境の保全に関する基本的施策

第一節 施策の策定等に係る指針(第十四条)

第二節 環境基本計画(第十五条)

第三節 環境基準(第十六条)

第四節 特定地域における公害の防止(第十七条・第十八条)

第五節 国が講ずる環境の保全のための施策等(第十九条―第三十一条)

第六節 地球環境保全等に関する国際協力等(第三十二条―第三十五条)

第七節 地方公共団体の施策(第三十六条)

第八節 費用負担等(第三十七条―第四十条の二)


第三章 環境の保全に関する審議会その他の合議制の機関等

第一節 環境の保全に関する審議会その他の合議制の機関(第四十一条―第四十四条)

第二節 公害対策会議(第四十五条・第四十六条)



附則

Chapter 1 General Provisions

第一章 総則

Article 1
(Purpose)

The purpose of this law is to comprehensively and systematically promote policies for environmental conservation to ensure healthy and cultured living for both the present and future generations of the nation as well as to contribute to the welfare of mankind, through articulating the basic principles, clarifying the responsibilities of the State, local governments, corporations and citizens, and prescribing the basic policy considerations for environmental conservation.
(目的)

第一条  この法律は、環境の保全について、基本理念を定め、並びに国、地方公共団体、事業者及び国民の責務を明らかにするとともに、環境の保全に関する施策の基本となる事項を定めることにより、環境の保全に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もって現在及び将来の国民の健康で文化的な生活の確保に寄与するとともに人類の福祉に貢献することを目的とする。


第一条文章の構造の検討

この法律は、「現在及び将来の国民の健康で文化的な生活の確保」に寄与する、とともに、「人類の福祉」に貢献することを目的とする。
この法律は、この目的を実現(推進)するために、
1. 「環境の保全」について、基本理念を定める。
2. 中央政府および地方政府、企業、市民の責務を明確にする。
3. 「環境の保全」に関する施策の基本事項を定める。
4. 「環境の保全」に関する施策を総合的かつ計画的に推進する。
Article 2
(Terminology)

1. For the purpose of this law, "environmental load" means any adverse effects on the environment generated by human activities which may cause interference with environmental conservation.

2. For the purpose of this law, "global environmental conservation" means environmental conservation regarding such phenomena as global warming the ozone layer depletion, marine pollution, decrease in wildlife species and others which are caused by human activities and affect the environment of the entire globe or a large part of it, which contributes to the welfare of mankind as well as to the healthy and cultured living of the people.

3. For the purpose of this law, "environmental pollution" ("Kogai" in Japanese) means, among interference with environmental conservation, air pollution, water pollution (including a deterioration of water's unadulterated state other than the water quality and the quality of the bottom. The same shall apply hereinafter except for Article I6 Paragraph 1.), soil contamination, noise, vibration, ground subsidence (excluding subsidence caused from land excavation for mineral exploitation. The same shall apply hereinafter.) and offensive odors affecting an extensive area as a result of business and other human activities, which cause damage to human health or the living environment (including property closely related to human life, as well as fauna and flora closely related to human life and their living environment. The same shall apply hereinafter.).
(定義)

第二条  この法律において「環境への負荷」とは、人の活動により環境に加えられる影響であって、環境の保全上の支障の原因となるおそれのあるものをいう。

2  この法律において「地球環境保全」とは、人の活動による地球全体の温暖化又はオゾン層の破壊の進行、海洋の汚染、野生生物の種の減少その他の地球の全体又はその広範な部分の環境に影響を及ぼす事態に係る環境の保全であって、人類の福祉に貢献するとともに国民の健康で文化的な生活の確保に寄与するものをいう。

3  この法律において「公害」とは、環境の保全上の支障のうち、事業活動その他の人の活動に伴って生ずる相当範囲にわたる大気の汚染、水質の汚濁(水質以外の水の状態又は水底の底質が悪化することを含む。第十六条第一項を除き、以下同じ。)、土壌の汚染、騒音、振動、地盤の沈下(鉱物の掘採のための土地の掘削によるものを除く。以下同じ。)及び悪臭によって、人の健康又は生活環境(人の生活に密接な関係のある財産並びに人の生活に密接な関係のある動植物及びその生育環境を含む。以下同じ。)に係る被害が生ずることをいう。


用語の認知
「環境負荷」をもたらす化石燃料として石油・石炭・天然ガスの媒体がある。この化石燃料の環境負荷とは、硫黄酸化物、窒素酸化物、一酸化炭素、ニ酸化炭素の科学物質である。
石油・石炭・天然ガスの環境媒体ごとに規制するのではなく、科学物質に注目し種々の媒体を横断的に規制する体系を目標に考える。
Article 3
(Enjoyment and Future Success of Environmental Blessings)

Environmental conservation shall be conducted appropriately to ensure that the present and future generations of human beings can enjoy the blessings of a healthy and productive environment and that the environment as the foundation of human survival can be preserved into the future, in consideration that preserving the healthy and productive environment is indispensable for healthy and cultured living for the people, and that the environment is maintained by a delicate balance of the ecosystem and forms the foundation of human survival, which is finite in its carrying capacity and presently at risk of being damaged by the environmental load generated by human activities.
(環境の恵沢の享受と継承等)

第三条  環境の保全は、環境を健全で恵み豊かなものとして維持することが人間の健康で文化的な生活に欠くことのできないものであること及び生態系が微妙な均衡を保つことによって成り立っており人類の存続の基盤である限りある環境が、人間の活動による環境への負荷によって損なわれるおそれが生じてきていることにかんがみ、現在及び将来の世代の人間が健全で恵み豊かな環境の恵沢を享受するとともに人類の存続の基盤である環境が将来にわたって維持されるように適切に行われなければならない。


第三条文章の構造の検討

1. 「環境の保全」行為の理念(大きな目標)は、環境を健全で恵み豊かなものとして維持することである。
2. なぜなら、(「環境の保全」すなわち)環境を健全で恵み豊かなものとして維持することは、「人間の健康で文化的な生活」に欠くことのできないものである。
2. この生態系(環境)は微妙な均衡を保つことによって成り立っている。
3. 人類の存続の基盤である限りある環境が、人間の活動による環境への負荷によって損なわれるおそれが生じている。
4. この危機に対して、この法律は、「現在及び将来の世代の人間が健全で恵み豊かな環境の恵沢を享受する」ことを保障する。
5. 保障を実現するために、「人類の存続の基盤である環境が将来にわたって維持される」ように適切に保全手段を用いる。
Article 4
(Creation of A Society Ensuring Sustainable Development with Reduced Environmental Load)

Environmental conservation shall be promoted so that a society can be formulated where the healthy and productive environment is conserved and sustainable development is ensured by fostering sound economic development with reduced environmental load, through practices on environmental conservation such as reducing as much as possible the environmental load generated by socio-economic and other activities, which are voluntarily and positively pursued by all the people sharing fair burden; and so that interference with environmental conservation can be anticipatively prevented through enhancing scientific knowledge.
(環境への負荷の少ない持続的発展が可能な社会の構築等)

第四条  環境の保全は、社会経済活動その他の活動による環境への負荷をできる限り低減することその他の環境の保全に関する行動がすべての者の公平な役割分担の下に自主的かつ積極的に行われるようになることによって、健全で恵み豊かな環境を維持しつつ、環境への負荷の少ない健全な経済の発展を図りながら持続的に発展することができる社会が構築されることを旨とし、及び科学的知見の充実の下に環境の保全上の支障が未然に防がれることを旨として、行われなければならない。


第四条文章の構造の検討

1. 「環境の保全」の行為の制約条件は
2. 「社会経済活動その他の活動」による「環境への負荷」をできる限り低減する。
3. 「その他」の環境の保全に関する行動が「すべての者の公平な役割分担」の下に自主的かつ積極的に行われるようになる。
4. 健全で恵み豊かな環境を維持する社会、環境への負荷の少ない健全な経済の発展を図る社会、持続的に発展することができる社会、を構築する。
5. 科学的知見の充実させ、この知見にもとづいて環境の保全上の支障を未然に防ぐ。
Article 5
(Active Promotion of Global Environmental Conservation through International Cooperation)

Global environmental conservation shall be actively promoted in cooperation with other countries, utilizing Japan's capacities and resources, and in accordance with Japan's standing in the international community, in consideration of the fact that global environmental conservation is a common concern of mankind as well as a requirement in ensuring healthy and cultured living of the people into the future, and that the Japanese economy and society is closely interdependent with the international community.
(国際的協調による地球環境保全の積極的推進)

第五条  地球環境保全が人類共通の課題であるとともに国民の健康で文化的な生活を将来にわたって確保する上での課題であること及び我が国の経済社会が国際的な密接な相互依存関係の中で営まれていることにかんがみ、地球環境保全は、我が国の能力を生かして、及び国際社会において我が国の占める地位に応じて、国際的協調の下に積極的に推進されなければならない。


第五条文章の構造の検討

1. 地球環境保全は人類共通の課題である。
2. 地球環境保全は国民の健康で文化的な生活を将来にわたって確保する上での課題である。
3. 我が国の経済社会は、国際的な密接な相互依存関係の中で営まれている。
4. 以上より
5. 地球環境保全は、我が国の能力を生かして、国際社会において我が国の占める地位に応じて、国際的協調の下に、積極的に推進されなければならない。
Article 6
(Responsibility of the State)

The State is responsible for formulating and implementing fundamental and comprehensive policies with regard to environmental conservation, pursuant to the basic principles on environmental conservation prescribed in the three articles preceding (hereinafter referred to as the "basic principles").
(国の責務)

第六条  国は、前三条に定める環境の保全についての基本理念(以下「基本理念」という。)にのっとり、環境の保全に関する基本的かつ総合的な施策を策定し、及び実施する責務を有する。


第六条文章の構造の検討

1. 中央政府は、三条の環境の保全の基本理念を模範として、
2. 中央政府は、環境の保全に関する基本的かつ総合的な施策(ほどこすべき対策)を策定し、及び実施する責務がある。
Article 7
(Responsibility of Local Governments)

The local governments are responsible for formulating and implementing policies with regard to environmental conservation corresponding to national policies and other policies in accordance with the natural and social conditions of the local governments' jurisdiction, pursuant to the basic principles.
(地方公共団体の責務)

第七条  地方公共団体は、基本理念にのっとり、環境の保全に関し、国の施策に準じた施策及びその他のその地方公共団体の区域の自然的社会的条件に応じた施策を策定し、及び実施する責務を有する。


第七条文章の構造の検討

1. 地方政府は、環境の保全の基本理念(三条に定める)を模範として、
2. 地方政府は、「中央政府の施策」に準じた施策を策定し、実施する責務がある。
3. 地方政府は、「その他(中央政府の施策以外の)」のその地方政府の区域の自然的社会的条件に応じた施策(めぐみあたえる対策)を策定し、実施する責務がある。
Article 8
(Responsibility of Corporations)

1. In conducting business activities, corporations are responsible for taking necessary measures to prevent environmental pollution, such as the treatment of smoke and soot, polluted water and wastes, etc. resulting from their activities, and to properly conserve the natural environment, pursuant to the basic principles.

2. In manufacturing, processing or selling products, or engaging in other business activities, corporations are responsible for taking necessary measures for ensuring proper disposal of the wastes generated from products and other goods related to their activities, so as to prevent interference with environmental conservation, pursuant to the basic principles.

3. Besides the responsibilities prescribed in the preceding tao Paragraphs, in manufacturing, processing or selling products, or engaging in other business activities, corporations are responsible for making efforts to reduce the environmental loads resulting from the use or disposal of the products and other goods related to their activities; and for making effort to use recyclable resources and other materials and services which contribute to reducing the environmental loads in their activities, so as to prevent interference with environmental conservation, pursuant to the basic principles.

4. Besides the responsibilities prescribed in the preceding three Paragraphs, corporations are responsible for making voluntary efforts to conserve the environment such as reduction of the environmental loads in the course of their business activities; and for cooperating with the policies implemented by the State or local governments with regard to environmental conservation, pursuant to the basic principles.
(事業者の責務)

第八条  事業者は、基本理念にのっとり、その事業活動を行うに当たっては、これに伴って生ずるばい煙、汚水、廃棄物等の処理その他の公害を防止し、又は自然環境を適正に保全するために必要な措置を講ずる責務を有する。

2  事業者は、基本理念にのっとり、環境の保全上の支障を防止するため、物の製造、加工又は販売その他の事業活動を行うに当たって、その事業活動に係る製品その他の物が廃棄物となった場合にその適正な処理が図られることとなるように必要な措置を講ずる責務を有する。

3  前二項に定めるもののほか、事業者は、基本理念にのっとり、環境の保全上の支障を防止するため、物の製造、加工又は販売その他の事業活動を行うに当たって、その事業活動に係る製品その他の物が使用され又は廃棄されることによる環境への負荷の低減に資するように努めるとともに、その事業活動において、再生資源その他の環境への負荷の低減に資する原材料、役務等を利用するように努めなければならない。

4  前三項に定めるもののほか、事業者は、基本理念にのっとり、その事業活動に関し、これに伴う環境への負荷の低減その他環境の保全に自ら努めるとともに、国又は地方公共団体が実施する環境の保全に関する施策に協力する責務を有する。
Article 9

(Responsibility of Citizens)

1. Citizens shall make efforts to reduce the environmental loads associated with their daily lives so as to prevent interference with environmental conservation, pursuant to the basic principles.

2. Besides the responsibility prescribed in the preceding Paragraph, citizens are responsible for making efforts to conserve the environment and for cooperating with the policies implemented by the State or local governments with regard to environmental conservation, pursuant to the basic principles.
(国民の責務)

第九条  国民は、基本理念にのっとり、環境の保全上の支障を防止するため、その日常生活に伴う環境への負荷の低減に努めなければならない。

2  前項に定めるもののほか、国民は、基本理念にのっとり、環境の保全に自ら努めるとともに、国又は地方公共団体が実施する環境の保全に関する施策に協力する責務を有する。
Article 10
(Environment Day)

1. In order to promote awareness and understanding of environmental conservation among corporations and the people, and to encourage willingness to pursue activities related to environmental conservation, there shall be designated the Environment Day.
2. The Environment Day shall be June 5th.

3. The State and local governments shall make efforts to carry out events which support the spirit and objective of the Environment Day.
(環境の日)
第十条  事業者及び国民の間に広く環境の保全についての関心と理解を深めるとともに、積極的に環境の保全に関する活動を行う意欲を高めるため、環境の日を設ける。

2  環境の日は、六月五日とする。

3  国及び地方公共団体は、環境の日の趣旨にふさわしい事業を実施するように努めなければならない。
Article 11
(Legislative Measures etc.)

The Government shall take legislative, financial and other measures required to implement the policies with regard to environmental conservation.
(法制上の措置等)

第十一条  政府は、環境の保全に関する施策を実施するため必要な法制上又は財政上の措置その他の措置を講じなければならない。
Article 12
(Annual Report)

1. The Government shall submit annually to the Diet a report on the state of the environment and the policies implemented with regard to environmental conservation.

2. The Government shall make and submit annually to the Diet a document explaining the policies the Government is going to implement considering the State of the environment as described in the report in the preceding Paragraph.
(年次報告等)

第十二条  政府は、毎年、国会に、環境の状況及び政府が環境の保全に関して講じた施策に関する報告を提出しなければならない。

2  政府は、毎年、前項の報告に係る環境の状況を考慮して講じようとする施策を明らかにした文書を作成し、これを国会に提出しなければならない。
Article 13
(Prevention of Air Pollution and the like by Radioactive Substances)

The measures to prevent air pollution, water pollution and soil contamination caused by radioactive substances shall be implemented under the Atomic Energy Basic Law (Law No.186 of 1955) and other related legislation.
(放射性物質による大気の汚染等の防止)
第十三条  放射性物質による大気の汚染、水質の汚濁及び土壌の汚染の防止のための措置については、原子力基本法 (昭和三十年法律第百八十六号)その他の関係法律で定めるところによる。
英語戻る 日本語戻る

Chapter 2 Basic Policies for Environmental Conservation

第二章 環境の保全に関する基本的施策

Section 1 Guidelines for Policy Formulation

第一節 施策の策定等に係る指針

Article 14

The formulation and implementation of the policies for environmental conservation set forth in this chapter shall be administered comprehensively and systematically, coordinating the various measures, pursuant to the basic principles and aiming at ensuring the following objectives.

(1) To maintain natural elements of the environment such as air, water and soil in good condition so as to protect human health, to conserve the living environment and to properly preserve the natural environment.

(2) To protect the biodiversity such as the diversity of ecosystems and wildlife species, and to orderly conserve the various features of natural environment such as in the forest, farmlands and waterside areas in accordance with the natural and social conditions of the area.

(3) To maintain rich and harmonious contacts between people and nature.
第十四条  この章に定める環境の保全に関する施策の策定及び実施は、基本理念にのっとり、次に掲げる事項の確保を旨として、各種の施策相互の有機的な連携を図りつつ総合的かつ計画的に行わなければならない。

一  人の健康が保護され、及び生活環境が保全され、並びに自然環境が適正に保全されるよう、大気、水、土壌その他の環境の自然的構成要素が良好な状態に保持されること。

二  生態系の多様性の確保、野生生物の種の保存その他の生物の多様性の確保が図られるとともに、森林、農地、水辺地等における多様な自然環境が地域の自然的社会的条件に応じて体系的に保全されること。

三  人と自然との豊かな触れ合いが保たれること。

Section 2 Basic Environment Plan

第二節 環境基本計画

Article 15

1. The Government shall establish a basic plan with regard to environmental conservation (hereinafter referred to as the " Basic Environment Plan" ) in order to comprehensively and systematically promote the policies for environmental conservation.

2. The Basic Environment Plan shall stipulate the following matters.

(1) The outline of the comprehensive and long-term policies for environmental conservation

(2) Besides the preceding matter, the matters required to comprehensively and systematically promote the policies for environmental conservation

3. The Prime Minister shall formulate a draft of the Basic Environment Plan and ask the Cabinet for its decision, after hearing the opinion of the Central Environment Council.

4. The Prime Minister shall promulgate the Basic Environment Plan without delay when the Cabinet has made its decision in accordance with the preceding Paragraph.

5. The preceding two Paragraphs shall apply mutatis mutandis to changes of the Basic Environment Plan.
第十五条  政府は、環境の保全に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、環境の保全に関する基本的な計画(以下「環境基本計画」という。)を定めなければならない。

2  環境基本計画は、次に掲げる事項について定めるものとする。

一  環境の保全に関する総合的かつ長期的な施策の大綱

二  前号に掲げるもののほか、環境の保全に関する施策を総合的かつ計画的に推進するために必要な事項

3  環境大臣は、中央環境審議会の意見を聴いて、環境基本計画の案を作成し、閣議の決定を求めなければならない。

4  環境大臣は、前項の規定による閣議の決定があったときは、遅滞なく、環境基本計画を公表しなければならない。

5  前二項の規定は、環境基本計画の変更について準用する。

Section 3 Environmental Quality Standards

第三節 環境基準

Article 16

1. With regard to the environmental conditions related to air pollution, water pollution, soil contamination and noise, the Government shall respectively establish environmental quality Standards, the maintenance of which is desirable for the protection of human health and the conservation of the living environment.

2. In the event that the standards referred to in the preceding Paragraph establish more than one category and stipulate that land or water areas to which those categories are to be applied should be designated, the Government may delegate to the prefectural governors concerned the authority to designate those land or water areas, in accordance with Cabinet Order.

3. With regard to the standards set forth in Paragraph 1, due scientific consideration shall always be given and such standards shall be revised whenever necessary.

4. The Government shall make efforts to attain the standard provided for in Paragraph 1 by comprehensively and effectively implementing policies concerning environmental pollution control which are set forth in this chapter (hereinafter referred to as the "environmental pollution control policies" ).
第十六条  政府は、大気の汚染、水質の汚濁、土壌の汚染及び騒音に係る環境上の条件について、それぞれ、人の健康を保護し、及び生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準を定めるものとする。

2  前項の基準が、二以上の類型を設け、かつ、それぞれの類型を当てはめる地域又は水域を指定すべきものとして定められる場合には、その地域又は水域の指定に関する事務は、二以上の都道府県の区域にわたる地域又は水域であって政令で定めるものにあっては政府が、それ以外の地域又は水域にあってはその地域又は水域が属する都道府県の知事が、それぞれ行うものとする。

3  第一項の基準については、常に適切な科学的判断が加えられ、必要な改定がなされなければならない。

4  政府は、この章に定める施策であって公害の防止に関係するもの(以下「公害の防止に関する施策」という。)を総合的かつ有効適切に講ずることにより、第一項の基準が確保されるように努めなければならない。

Section 4 Environmental Pollution Control in Specific Areas

第四節 特定地域における公害の防止

Article 17
(Formulation of Environmental Pollution Control Program)

1. The Prime Minister shall instruct the prefectural governors concerned to formulate programs on measures for environmental pollution control (hereinafter referred to as the "Environmental Pollution Control Program" ), concerning areas specified as either of the following categories, by presenting the basic directions of the environmental pollution control policies to be implemented in those areas.

(1) Areas where environmental pollution is currently serious and where it is recognized that it is very difficult to prevent environmental pollution unless the environmental pollution control policies are comprehensively implemented.

(2) Areas where environmental pollution is likely to become serious due to the rapidly increasing concentration of population, industry etc., and where it is recognized that it will be very difficult to prevent environmental pollution unless the environmental pollution control policies are comprehensively implemented.

2. The basic directions provided for in the preceding Paragraph shall be formulated on the basis of the Basic Environment Plan.

3. When the prefectural governor concerned has received the instruction provided for in Paragraph 1, he/she shall formulate an Environmental Pollution Control Program in accordance with the basic directions provided for in the same Paragraph and shall submit it to the Prime Minister for his/her approval.

4. Prior to issuing the instruction under Paragraph 1 or giving the approval required under the preceding Paragraph, the Prime Minister shall ask the Conference on Environmental Pollution Control for its decision.

5. Prior to issuing the instruction under Paragraph 1, the Prime Minister shall hear the opinions of the prefectural governors concerned.
(公害防止計画の作成)

第十七条  環境大臣は、次のいずれかに該当する地域について、関係都道府県知事に対し、その地域において実施されるべき公害の防止に関する施策に係る基本方針を示して、その施策に係る計画(以下「公害防止計画」という。)の策定を指示するものとする。

一  現に公害が著しく、かつ、公害の防止に関する施策を総合的に講じなければ公害の防止を図ることが著しく困難であると認められる地域

二  人口及び産業の急速な集中その他の事情により公害が著しくなるおそれがあり、かつ、公害の防止に関する施策を総合的に講じなければ公害の防止を図ることが著しく困難になると認められる地域

2  前項の基本方針は、環境基本計画を基本として策定するものとする。

3  関係都道府県知事は、第一項の規定による指示を受けたときは、同項の基本方針に基づき公害防止計画を作成し、環境大臣に協議し、その同意を得なければならない。

4  環境大臣は、第一項の規定による指示及び前項の同意をするに当たっては、あらかじめ、公害対策会議の議を経なければならない。

5  環境大臣は、第一項の規定による指示をするに当たっては、あらかじめ、関係都道府県知事の意見を聴かなければならない。

Article 18
(Promotion of Attainment of Environmental Pollution Control Program)

The State and local governments shall make efforts to take measures necessary or the attainment of the Environmental Pollution Control Programs.
(公害防止計画の達成の推進)

第十八条  国及び地方公共団体は、公害防止計画の達成に必要な措置を講ずるように努めるものとする。
英語 日本語

Section 5 Implementation of Policies for Environmental Conservation by the State

第五節 国が講ずる環境の保全のための施策等

Article 19
(Consideration in Formulation of Policies by the State)

The State shall consider environmental conservation when formulating and implementing policies which are deemed to influence the environment.
(国の施策の策定等に当たっての配慮)

第十九条  国は、環境に影響を及ぼすと認められる施策を策定し、及び実施するに当たっては、環境の保全について配慮しなければならない。
Article 20
(Promotion of Environmental Impact Assessment)

The State shall take necessary measures to ensure that, when corporations are engaged in alteration of land shape, construction of new structures and other similar activities, they will conduct in advance, surveys, forecasts or evaluations of the environmental impact of such activities and will give proper consideration to environmental conservation based on the results of them.
(環境影響評価の推進)

第二十条  国は、土地の形状の変更、工作物の新設その他これらに類する事業を行う事業者が、その事業の実施に当たりあらかじめその事業に係る環境への影響について自ら適正に調査、予測又は評価を行い、その結果に基づき、その事業に係る環境の保全について適正に配慮することを推進するため、必要な措置を講ずるものとする。
Article 21
(Regulations to Prevent Interference with Environmental Conservation)

1. The Government shall take the following regulatory measures to prevent interference with environmental conservation.

(1) Regulatory measures necessary to prevent environmental pollution, inter alia, by setting the Standards with which corporations must comply regarding such activities as emission of substances causing air pollution, water pollution, soil contamination or offensive odors; generation of noise or vibration; and the taking of underground water causing ground subsidence.

(2) Regulatory measures necessary to prevent environmental pollution with regard to land use and construction of facilities causing pollution in an area where the pollution is serious or is likely to become serious.

(3) Regulatory measures necessary to prevent interference with appropriate conservation of the natural environment regarding activities which may cause those interference, such as alteration of land shape, construction of new structures, cutting of trees and other activities in areas where conservation of the natural environment is especially required.

(4) Regulatory measures necessary to prevent interference with appropriate protection of natural objects with regard to such activities as capturing collecting, damaging which may cause those interference as to natural objects necessary to be protected such as the wildlife, geographical and geological features of land or sources of hot springs.

(5) Regulatory measures necessary to prevent both environmental pollution and interference with conservation of the natural environment where both of them occur or may occur.

2. Besides the regulatory measures provided for in the preceding Paragraph, the State shall make efforts to take necessary regulatory measures similar to Subparagraph 1 and 2 of the preceding Paragraph, in order to prevent interference with environmental conservation with regard to human health and the living environment.
(環境の保全上の支障を防止するための規制)

第二十一条  国は、環境の保全上の支障を防止するため、次に掲げる規制の措置を講じなければならない。

一  大気の汚染、水質の汚濁、土壌の汚染又は悪臭の原因となる物質の排出、騒音又は振動の発生、地盤の沈下の原因となる地下水の採取その他の行為に関し、事業者等の遵守すべき基準を定めること等により行う公害を防止するために必要な規制の措置

二  土地利用に関し公害を防止するために必要な規制の措置及び公害が著しく、又は著しくなるおそれがある地域における公害の原因となる施設の設置に関し公害を防止するために必要な規制の措置

三  自然環境を保全することが特に必要な区域における土地の形状の変更、工作物の新設、木竹の伐採その他の自然環境の適正な保全に支障を及ぼすおそれがある行為に関し、その支障を防止するために必要な規制の措置

四  採捕、損傷その他の行為であって、保護することが必要な野生生物、地形若しくは地質又は温泉源その他の自然物の適正な保護に支障を及ぼすおそれがあるものに関し、その支障を防止するために必要な規制の措置

五  公害及び自然環境の保全上の支障が共に生ずるか又は生ずるおそれがある場合にこれらを共に防止するために必要な規制の措置

2  前項に定めるもののほか、国は、人の健康又は生活環境に係る環境の保全上の支障を防止するため、同項第一号又は第二号に掲げる措置に準じて必要な規制の措置を講ずるように努めなければならない。
Article 22
(Economic Measures to Prevent Interference with Environmental Conservation)

1. In order to encourage persons who are conducting the activities generating or causing to generate environmental load (referred to as the "load activities" in this Article) to take appropriate measures such as introduction of facilities which reduce the environmental load, and thus to prevent interference with environmental conservation, the State shall make efforts to take necessary measures to provide necessary and appropriate economic assistance to those persons taking into consideration their economic situation.

2. In consideration of the fact that the measures, which aim at encouraging persons who are conducting the load activities to undertake voluntarily to reduce the environmental load by means of imposing appropriate and equitable economic surcharges on them, are expected to be effective in preventing interference with environmental conservation, and that such measures are internationally recommended; the State shall appropriately conduct surveys and researches on the effectiveness of implementing such measures with regard to prevention of interference with environmental conservation and on the effects of such measures on Japanese economy; and should it be deemed necessary to implement such measures, the State shall make efforts to acquire the understanding and cooperation of tile people with regard to utilization of such measures to prevent interference with environmental conservation. In this case, should such measures be implemented for global environmental conservation, the State shall consider international collaboration so as to appropriately ensure the effectiveness of such measures.
(環境の保全上の支障を防止するための経済的措置)

第二十二条  国は、環境への負荷を生じさせる活動又は生じさせる原因となる活動(以下この条において「負荷活動」という。)を行う者がその負荷活動に係る環境への負荷の低減のための施設の整備その他の適切な措置をとることを助長することにより環境の保全上の支障を防止するため、その負荷活動を行う者にその者の経済的な状況等を勘案しつつ必要かつ適正な経済的な助成を行うために必要な措置を講ずるように努めるものとする。

2  国は、負荷活動を行う者に対し適正かつ公平な経済的な負担を課すことによりその者が自らその負荷活動に係る環境への負荷の低減に努めることとなるように誘導することを目的とする施策が、環境の保全上の支障を防止するための有効性を期待され、国際的にも推奨されていることにかんがみ、その施策に関し、これに係る措置を講じた場合における環境の保全上の支障の防止に係る効果、我が国の経済に与える影響等を適切に調査し及び研究するとともに、その措置を講ずる必要がある場合には、その措置に係る施策を活用して環境の保全上の支障を防止することについて国民の理解と協力を得るように努めるものとする。この場合において、その措置が地球環境保全のための施策に係るものであるときは、その効果が適切に確保されるようにするため、国際的な連携に配慮するものとする。
Article 23
(Promotion of Construction of Facilities and Other Projects for Environmental Conservation)

1. The State shall take necessary measures to promote projects for prevention of interference with environmental conservation, i.e. construction of public facilities such as buffer zones, and other projects such as dredging of sludge and protection and breeding of the endangered wildlife.

2. The State shall take necessary measures to promote projects which contribute to prevent interference with environmental conservation, i.e. the construction public facilities such as sewerage, public waste disposal facilities, traffic facilities (including transportation facilities) which contribute to reduce the environmental load, and other projects such as improvement of forests.

3. The State shall take necessary measures to promote projects for appropriate improvement and sound use of the natural environment, including such public facilities as parks and green areas.

4. The State shall take necessary measures to promote appropriate use of the public facilities provided for in the preceding two Paragraphs and other measures to increase the function of environmental conservation with regard to these facilities.
(環境の保全に関する施設の整備その他の事業の推進)

第二十三条  国は、緩衝地帯その他の環境の保全上の支障を防止するための公共的施設の整備及び汚泥のしゅんせつ、絶滅のおそれのある野生動植物の保護増殖その他の環境の保全上の支障を防止するための事業を推進するため、必要な措置を講ずるものとする。

2  国は、下水道、廃棄物の公共的な処理施設、環境への負荷の低減に資する交通施設(移動施設を含む。)その他の環境の保全上の支障の防止に資する公共的施設の整備及び森林の整備その他の環境の保全上の支障の防止に資する事業を推進するため、必要な措置を講ずるものとする。 3  国は、公園、緑地その他の公共的施設の整備その他の自然環境の適正な整備及び健全な利用のための事業を推進するため、必要な措置を講ずるものとする。

4  国は、前二項に定める公共的施設の適切な利用を促進するための措置その他のこれらの施設に係る環境の保全上の効果が増進されるために必要な措置を講ずるものとする。
Article 24
(Promotion of Use of Products Contributing to Reduction of Environmental Load )

1. The State shall take necessary measures such as providing corporations with technical assistance so that, in manufacturing, processing or selling products, or engaging in other business activities, they can appropriately consider the reduction of the environmental load associated with products and other goods, by voluntarily assessing in advance the environmental load generated by the use or disposal of the products and other goods.

2. The State shall take necessary measures to encourage use of recyclable resources and other materials, products and services which contribute to the reduction of environmental load.
(環境への負荷の低減に資する製品等の利用の促進)

第二十四条  国は、事業者に対し、物の製造、加工又は販売その他の事業活動に際して、あらかじめ、その事業活動に係る製品その他の物が使用され又は廃棄されることによる環境への負荷について事業者が自ら評価することにより、その物に係る環境への負荷の低減について適正に配慮することができるように技術的支援等を行うため、必要な措置を講ずるものとする。

2  国は、再生資源その他の環境への負荷の低減に資する原材料、製品、役務等の利用が促進されるように、必要な措置を講ずるものとする。
Article 25
(Education and Learning on Environmental Conservation)

The State shall take necessary measures to increase corporations' and citizens' understanding of environmental conservation and to encourage their willingness to engage in activities related to environmental conservation, by means of promoting environmental education and learning and improving public relations activities with regard to environmental conservation.
(環境の保全に関する教育、学習等)

第二十五条  国は、環境の保全に関する教育及び学習の振興並びに環境の保全に関する広報活動の充実により事業者及び国民が環境の保全についての理解を深めるとともにこれらの者の環境の保全に関する活動を行う意欲が増進されるようにするため、必要な措置を講ずるものとする。
Article 26
(Measures to Promote Voluntary Activities by Private Organizations)

The State shall take necessary measures to promote voluntary activities with regard to environmental conservation such as tree planting and the recovery of recyclable resources conducted by corporations, citizens or private bodies organized by these entities (hereinafter referred to as the "private bodies etc.").
(民間団体等の自発的な活動を促進するための措置)

第二十六条  国は、事業者、国民又はこれらの者の組織する民間の団体(以下「民間団体等」という。)が自発的に行う緑化活動、再生資源に係る回収活動その他の環境の保全に関する活動が促進されるように、必要な措置を講ずるものとする。
Article 27
(Provision of Information)

The State shall make efforts to appropriately provide necessary information on environmental conservation including the state of the environment, so as to promote the education and learning provided for in Article 25 and to contribute to the activities voluntarily conducted by the private bodies etc. provided for in the preceding Article, in consideration of the protection of the rights and benefits of individuals and legal entities.
(情報の提供)

第二十七条  国は、第二十五条の環境の保全に関する教育及び学習の振興並びに前条の民間団体等が自発的に行う環境の保全に関する活動の促進に資するため、個人及び法人の権利利益の保護に配慮しつつ環境の状況その他の環境の保全に関する必要な情報を適切に提供するように努めるものとする。
Article 28
(Implementation of Researches)

The State shall conduct surveys on the state of the environment, researches on forecast of environmental changes and other studies for formulation of policies with regard to environmental conservation.
(調査の実施)

第二十八条  国は、環境の状況の把握、環境の変化の予測又は環境の変化による影響の予測に関する調査その他の環境を保全するための施策の策定に必要な調査を実施するものとする。
Article 29
(Improvement in Systems for Monitoring and Others)

The State shall make efforts to establish systems of monitoring, patrolling, observations, measurements, examinations and inspections in order to ascertain the state of the environment and to properly implement the policies with regard to environmental conservation.
(監視等の体制の整備)

第二十九条  国は、環境の状況を把握し、及び環境の保全に関する施策を適正に実施するために必要な監視、巡視、観測、測定、試験及び検査の体制の整備に努めるものとする。
Article 30
(Promotion of Science and Technology)

1. The State shall promote science and technology with regard to understanding of the mechanisms of environmental changes, reduction of environmental load, development of methods to evaluate comprehensively both the effects on the environment caused by the economy avid the blessings on the economy derived from the environment, and other science and technology with regard to environmental conservation.

2. In order to promote science and technology with regard to environmental conservation, the State shall establish research systems, promote research and development, disseminate the results of research and development, train researchers, and take other necessary measures.
(科学技術の振興)

第三十条  国は、環境の変化の機構の解明、環境への負荷の低減並びに環境が経済から受ける影響及び経済に与える恵沢を総合的に評価するための方法の開発に関する科学技術その他の環境の保全に関する科学技術の振興を図るものとする。

2  国は、環境の保全に関する科学技術の振興を図るため、試験研究の体制の整備、研究開発の推進及びその成果の普及、研究者の養成その他の必要な措置を講ずるものとする。
Article 31
(Settlement of Environmental Pollution Disputes and Relief of Damage)

1. The State shall take necessary measures to effectively implement mediation, arbitration, etc. with regard to disputes related to environmental pollution, and take other necessary measures to smoothly resolve problems arising from environmental pollution.

2. The State shall take necessary measures to smoothly implement measures for relieving the damage caused by environmental pollution.
(公害に係る紛争の処理及び被害の救済)

第三十一条  国は、公害に係る紛争に関するあっせん、調停その他の措置を効果的に実施し、その他公害に係る紛争の円滑な処理を図るため、必要な措置を講じなければならない。

2  国は、公害に係る被害の救済のための措置の円滑な実施を図るため、必要な措置を講じなければならない。

Section 6 International Cooperation for Global Environmental Conservation etc.

第六節 地球環境保全等に関する国際協力等

Article 32
(International Cooperation for Global Environmental Conservation etc.)

1. The State shall make efforts to take necessary measures to secure international collaboration for global environmental conservation and to promote other international cooperation for global environmental conservation; and to assist conservation of the environment in developing regions and the environmental features being recognized of its international value, which contribute to both the welfare of mankind and the healthy and cultured living of the Japanese people (referred to as the "environmental conservation in developing regions etc." in this Article) and to promote other international cooperation for environmental conservation in developing regions etc.

2. The State shall make efforts to take necessary measures to smoothly promote international cooperation with regard to both global environmental conservation and environmental conservation in developing regions etc. (hereinafter referred to as the "global environmental conservation etc." ), including training experts on the international cooperation with regard to global environmental Conservation etc., and the collection, arrangement and analysis of information on global environmental conservation etc. e.g. the state of the environment in areas outside Japan.
(地球環境保全等に関する国際協力等)

第三十二条  国は、地球環境保全に関する国際的な連携を確保することその他の地球環境保全に関する国際協力を推進するために必要な措置を講ずるように努めるほか、開発途上にある海外の地域の環境の保全及び国際的に高い価値があると認められている環境の保全であって人類の福祉に貢献するとともに国民の健康で文化的な生活の確保に寄与するもの(以下この条において「開発途上地域の環境の保全等」という。)に資するための支援を行うことその他の開発途上地域の環境の保全等に関する国際協力を推進するために必要な措置を講ずるように努めるものとする。

2  国は、地球環境保全及び開発途上地域の環境の保全等(以下「地球環境保全等」という。)に関する国際協力について専門的な知見を有する者の育成、本邦以外の地域の環境の状況その他の地球環境保全等に関する情報の収集、整理及び分析その他の地球環境保全等に関する国際協力の円滑な推進を図るために必要な措置を講ずるように努めるものとする。
Article 33
(Ensuring International Cooperation for Monitoring, Observation and Others)

The State shall make efforts to ensure international collaboration so as to effectively promote the monitoring, observation and measurement of the environmental situation with regard to global environmental conservation etc. It shall also make efforts to promote international cooperation to carry out surveys, examinations and researches with regard to global environmental conservation etc.
(監視、観測等に係る国際的な連携の確保等)

第三十三条  国は、地球環境保全等に関する環境の状況の監視、観測及び測定の効果的な推進を図るための国際的な連携を確保するように努めるとともに、地球環境保全等に関する調査及び試験研究の推進を図るための国際協力を推進するように努めるものとする。
Article 34
(Measures to Promote Activities by Local Governments and Private Organizations)

1. In consideration of importance of the roles played by local governments in promoting international cooperation with regard to global environmental conservation etc., the State shall make efforts to take necessary measures e.g. providing information, to promote such activities by local governments for international cooperation.

2. In consideration of the importance of voluntary activities conducted by private bodies etc. outside Japan for the international cooperation with regard to global environmental conservation etc., the State shall make efforts to take necessary measures e.g. providing information, to promote such activities by private bodies etc.
(地方公共団体又は民間団体等による活動を促進するための措置)

第三十四条  国は、地球環境保全等に関する国際協力を推進する上で地方公共団体が果たす役割の重要性にかんがみ、地方公共団体による地球環境保全等に関する国際協力のための活動の促進を図るため、情報の提供その他の必要な措置を講ずるように努めるものとする。

2  国は、地球環境保全等に関する国際協力を推進する上で民間団体等によって本邦以外の地域において地球環境保全等に関する国際協力のための自発的な活動が行われることの重要性にかんがみ、その活動の促進を図るため、情報の提供その他の必要な措置を講ずるように努めるものとする。
Article 35
(Considerations in Implementation of International Cooperation and Others)

1. The State, in implementing international cooperation, shall make efforts to consider global environmental conservation etc. in the areas where the international cooperation is implemented.

2. The State shall make efforts to take necessary measures e.g. providing information to corporations, so that the corporations can properly consider global environmental conservation etc. in the areas outside Japan where these corporations conduct their business activities.
(国際協力の実施等に当たっての配慮)

第三十五条  国は、国際協力の実施に当たっては、その国際協力の実施に関する地域に係る地球環境保全等について配慮するように努めなければならない。

2  国は、本邦以外の地域において行われる事業活動に関し、その事業活動に係る事業者がその事業活動が行われる地域に係る地球環境保全等について適正に配慮することができるようにするため、その事業者に対する情報の提供その他の必要な措置を講ずるように努めるものとする。

Section 7Implementation of Policies by Local Governments

第七節 地方公共団体の施策

Article 36

Local governments shall comprehensively and systematically implement and promote policies corresponding to the national policies provided for in Section 5 and other policies necessary for environmental conservation in accordance with the natural and social conditions of the local governments' jurisdiction. In this case, the prefecture shall mainly implement the policies for a large area and comprehensively coordinate the policies administered by the municipalities.
第三十六条  地方公共団体は、第五節に定める国の施策に準じた施策及びその他のその地方公共団体の区域の自然的社会的条件に応じた環境の保全のために必要な施策を、これらの総合的かつ計画的な推進を図りつつ実施するものとする。この場合において、都道府県は、主として、広域にわたる施策の実施及び市町村が行う施策の総合調整を行うものとする。

Section 8 Cost Bearing and Financial Measures

第八節 費用負担等

Article 37
(Cost Bearing by Causers)

The State and local governments shall take necessary measures to ensure that, when the State, local governments or their equivalents (referred to as the "public corporation entities" in this Article) implement a project which is deemed necessary and appropriate in order to prevent environmental pollution or interference with conservation of the natural environment (referred to as the "interference related to environmental pollution etc." in this Article) considering the necessity of prompt prevention of the interference, the scale of the project and other circumstances, persons who have caused the circumstances necessitating the project are required to bear appropriate and equitable share of the entire or a part of the expenses to implement the project, upon recognizing it is appropriate to make them bear the cost taking into account the extent of interference related to environmental pollution etc. caused by and the degree of responsibility attributed to their activities.
(原因者負担)

第三十七条  国及び地方公共団体は、公害又は自然環境の保全上の支障(以下この条において「公害等に係る支障」という。)を防止するために国若しくは地方公共団体又はこれらに準ずる者(以下この条において「公的事業主体」という。)により実施されることが公害等に係る支障の迅速な防止の必要性、事業の規模その他の事情を勘案して必要かつ適切であると認められる事業が公的事業主体により実施される場合において、その事業の必要を生じさせた者の活動により生ずる公害等に係る支障の程度及びその活動がその公害等に係る支障の原因となると認められる程度を勘案してその事業の必要を生じさせた者にその事業の実施に要する費用を負担させることが適当であると認められるものについて、その事業の必要を生じさせた者にその事業の必要を生じさせた限度においてその事業の実施に要する費用の全部又は一部を適正かつ公平に負担させるために必要な措置を講ずるものとする。
Article 38
(Cost Bearing by Beneficiaries)

The State and local governments shall take necessary measures to ensure that, when persons receive a special benefit from the implementation of nature conservation projects carried out in areas where conservation of the natural environment is especially required, those persons are required to bear appropriate and equitable share of the entire or a part of the expenses to implement such projects in accordance with the degree of benefit received.
(受益者負担)

第三十八条  国及び地方公共団体は、自然環境を保全することが特に必要な区域における自然環境の保全のための事業の実施により著しく利益を受ける者がある場合において、その者にその受益の限度においてその事業の実施に要する費用の全部又は一部を適正かつ公平に負担させるために必要な措置を講ずるものとする。
Article 39
(Financial Measures for Local Governments)

The State shall make efforts to take necessary financial measures and other measures with regard to the expenses borne by the local governments to formulate and Implement policies for environmental conservation.
(地方公共団体に対する財政措置等)

第三十九条  国は、地方公共団体が環境の保全に関する施策を策定し、及び実施するための費用について、必要な財政上の措置その他の措置を講ずるように努めるものとする。
Article 40
(Cooperation between the State and Local Governments)

The State and local governments shall cooperate on implementing policies for environmental conservation.
(国及び地方公共団体の協力)

第四十条  国及び地方公共団体は、環境の保全に関する施策を講ずるにつき、相協力するものとする。
英語 (事務の区分)

第四十条の二  第十六条第二項の規定により都道府県が処理することとされている事務(政令で定めるものを除く。)は、地方自治法 (昭和二十二年法律第六十七号)第二条第九項第一号 に規定する第一号 法定受託事務とする。
英語もどる 日本語もどる

Chapter 3 Environment Council etc.

第三章 環境の保全に関する審議会その他の合議制の機関等

Section 1 Environment Council

第一節 環境の保全に関する審議会その他の合議制の機関

Article 41
(Central Environment Council)

1. There is hereby established a Central Environment Council (hereinafter referred to as the "Council" ) in the Environment Agency.

2. The Council shall be in charge of the following tasks.

(1) To handle the task provided for in Article 15 Paragraph 3 with regard to the Basic Environment Plan.

(2) To Study and discuss the basic matters with regard to environmental conservation in response to the consultation by the Prime Minister.

(3) To Study and discuss the important matters with regard to environmental conservation in response to the consultation by the Director General of the Environment Agency or other ministers concerned.

(4) In addition to the tasks referred to in preceding three subparagraphs, delegated tasks as provided for by other laws and ordinances.

3. The Council may submit its opinions to the Prime Minister, the Director General of the Environment Agency or other ministers concerned, with regard to the matters provided for in the preceding paragraph.
(中央環境審議会)

第四十一条  環境省に、中央環境審議会を置く。

2  中央環境審議会は、次に掲げる事務をつかさどる。

一  環境基本計画に関し、第十五条第三項に規定する事項を処理すること。

二  環境大臣又は関係大臣の諮問に応じ、環境の保全に関する重要事項を調査審議すること。

三  自然公園法 (昭和三十二年法律第百六十一号)、農用地の土壌の汚染防止等に関する法律 (昭和四十五年法律第百三十九号)、自然環境保全法 (昭和四十七年法律第八十五号)、動物の愛護及び管理に関する法律 (昭和四十八年法律第百五号)、瀬戸内海環境保全特別措置法 (昭和四十八年法律第百十号)、公害健康被害の補償等に関する法律 (昭和四十八年法律第百十一号)、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律 (平成四年法律第七十五号)、ダイオキシン類対策特別措置法 (平成十一年法律第百五号)、循環型社会形成推進基本法 (平成十二年法律第百十号)、使用済自動車の再資源化等に関する法律 (平成十四年法律第八十七号)、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(平成十四年法律第八十八号)及び特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(平成十六年法律第七十八号)によりその権限に属させられた事項を処理すること。

3  中央環境審議会は、前項に規定する事項に関し、環境大臣又は関係大臣に意見を述べることができる。

4  前二項に定めるもののほか、中央環境審議会の組織、所掌事務及び委員その他の職員その他中央環境審議会に関し必要な事項については、政令で定める。
Article 42
(Organization of the Central Environment Council)

1. The Council shall be comprised of no more than 80 members.

2. The Council may designate special members when necessary to Study and discuss specific matters.

3. The Council members and special members shall be appointed by the Prime Minister from among academics or those having expertise or experiences with regard to environmental conservation.

4. The Council members and special members shall serve on a part-time basis.

5. Beside those provided for in the preceding paragraphs, matters necessary for the organization and administration of the Council shall be stipulated by Cabinet Order.
第四十二条  削除
Article 43
(Prefectural Environment Council)

1. The prefecture shall establish a Prefectural Environment Council to study and discuss the basic matters and others with regard to environmental conservation within the prefecture's jurisdiction.

2. The matters necessary for the organization and administration of the Prefectural Environment Council shall be stipulated by prefectural ordinances.
(都道府県の環境の保全に関する審議会その他の合議制の機関)

第四十三条  都道府県は、その都道府県の区域における環境の保全に関して、基本的事項を調査審議させる等のため、環境の保全に関し学識経験のある者を含む者で構成される審議会その他の合議制の機関を置く。

2  前項の審議会その他の合議制の機関の組織及び運営に関し必要な事項は、その都道府県の条例で定める。
Article 44
(Municipal Environment Council)

The municipality may establish a Municipal Environment Council, as stipulated by municipal ordinances, to study and discuss the basic matters and others with regard to environmental conservation within the area of the municipality.
(市町村の環境の保全に関する審議会その他の合議制の機関)
第四十四条  市町村は、その市町村の区域における環境の保全に関して、基本的事項を調査審議させる等のため、その市町村の条例で定めるところにより、環境の保全に関し学識経験のある者を含む者で構成される審議会その他の合議制の機関を置くことができる。

Section 2 Conference on Environmental Pollution Control

第二節 公害対策会議

Article 45
(Establishment and Mandates)

1. There is hereby established a Conference on Environmental Pollution Control (hereinafter referred to as the " Conference") as a special organization in the Prime Minister's Office.

2. The Conference shall perform the following mandates.

(1) To deal with matters provided for in Article 17 Paragraph 4 with regard to the Environmental Pollution Control Program.

(2) In addition to the task referred to in the preceding subparagraph, to discuss the planning of basic and comprehensive policies for environmental pollution control and promote the implementation of such policies.

(3) In addition to the tasks referred to in preceding two subparagraphs, delegated tasks as provided for by other laws and cabinet orders.
(設置及び所掌事務)

第四十五条  環境省に、特別の機関として、公害対策会議(以下「会議」という。)を置く。

2  会議は、次に掲げる事務をつかさどる。

一  公害防止計画に関し、第十七条第四項に規定する事項を処理すること。

二  前号に掲げるもののほか、公害の防止に関する施策であって基本的かつ総合的なものの企画に関して審議し、及びその施策の実施を推進すること。

三  前二号に掲げるもののほか、他の法令の規定によりその権限に属させられた事務
Article 46
(Organization etc.)

1. The Conference is comprised of a chairman and Conference members.

2. The Prime Minister shall be the chairman.

3. Members shall be appointed by the Prime Minister from among the heads of the ministries and agencies concerned.

4. There shall be secretaries of the Conference.

5. Secretaries shall be appointed by the Prime Minister from among officials of the ministries and agencies concerned.

6. Secretaries shall assist the chairman and members in dealing with mandates of the Conference.

7. The administrative work of the Conference shall be handled by the Environment Agency.

8. Besides those provided for in the preceding paragraphs, matters necessary for organization and operation of the Conference shall be provided for by Cabinet Order.
(組織等)

第四十六条  会議は、会長及び委員をもって組織する。

2  会長は、環境大臣をもって充てる。

3  委員は、内閣官房長官、関係行政機関の長及び内閣府設置法 (平成十一年法律第八十九号)第九条第一項 に規定する特命担当大臣のうちから、環境大臣の申出により、内閣総理大臣が任命する。

4  会議に、幹事を置く。

5  幹事は、関係行政機関の職員のうちから、環境大臣が任命する。

6  幹事は、会議の所掌事務について、会長及び委員を助ける。

7  前各項に定めるもののほか、会議の組織及び運営に関し必要な事項は、政令で定める。
英語 日本語