Last updated: October 2010 - 1997. Kajiyama                   [ 目次に戻る ]

図面の作成プロセス 事例:事務室を描く




  1. 問題用紙のダウンロードと解凍の手順.

    1. 問題用紙(office_room_1-6h.EXE)はここからダウンロードする.

    2. 「ダウンロード」をダブルクリックし「office_room_1-6h.EXE」を「デスクトップ」に保存する.

    3. デスクトップにある「office_room_1-6h.EXE」をダブルクリックすると「解凍先の指定」をたずねてくるので,「OK」を押す.

    4. 解凍が成功すると,デスクトップに製図用紙「office_room_1-6h.jww」が現れる.これを学籍番号の保存箱に入れる.

    5. これをダブルクリックすると問題用紙が表示される.



  2. 図面を作成する順序とその内容はグループ化することができる.

    作図内容のグループごとにレイヤを変え,図面を作成する.

    手書きにくらべ,なせこのような方式が定着したのか,
    メリットデメリットを考察すること.


    1. まず,責任者の氏名・図面名称を「図面枠・表題欄」(レイヤ0)に描く

    2. 次に,組立基準線や基準線,中心線を「基準線・組み立て線」(レイヤ1)に描く

    3. 基準線を利用して事務室の壁を「コンクリート壁」(レイヤ2)に描く

    4. 壁や柱を描いた後で,ドアや引き違い戸の建具を「建具・ドア 引き違い戸」(レイヤ3)に配置する

    5. 建物の平面が完成したら,インテリアの机や椅子,戸棚の家具を「インテリア・家具」(レイヤ4)に配置する

    6. 平面図の内容を描き終えたら,寸法を「寸法」(レイヤ5)に描く

    7. そして,文字を「文字」(レイヤ6)に描く

    8. 印刷し,図面をチェックし問題かなければ,仲間に図面チェックをお願いする.問題点は赤色で記述しておく.



  3. 氏名・図面名称を「図面枠・表題欄」(レイヤ0)に描く

    ・「レイヤ0」を右クリックし,書込みレイヤにする.数字に赤丸が表示される.

    ・学籍番号,氏名,表題,図面番号を表題欄の中に「文字」を使用して書き込む.



  4. 組立基準線や基準線,中心線を「基準線・組み立て線」(レイヤ1)に描く

    ・「レイヤ1」を右クリックし,書込みレイヤにする.数字に赤丸が表示される.

    ・CAD画面の右下に「レイヤの名称」が表示される.

    ・基準線を製図用紙の中央にバランスを考え,「直線」や「複線」を使用して,「細線・一点鎖線」で描く.



  5. 事務室の壁を「コンクリート壁」(レイヤ2)に描く

    ・「レイヤ2」を右クリックし,書込みレイヤにする.数字に赤丸が表示される.

    ・CAD画面の右下に「レイヤの名称」が表示される.

    ・壁を「複線」を使用して,「太線・実線」で描く.

    ・壁に開口部をあける.



  6. ドアや引き違い戸の建具を「建具・ドア 引き違い戸」(レイヤ3)に配置する

    ・「レイヤ3」を右クリックし,書込みレイヤにする.数字に赤丸が表示される.

    ・CAD画面の右下に「レイヤの名称」が表示される.

    ・「建具平面」を使用して,建具を選択し,開口部に配置する.



  7. 机や椅子,戸棚の家具を「インテリア・家具」(レイヤ4)に配置する

    ・「レイヤ4」を右クリックし,書込みレイヤにする.数字に赤丸が表示される.

    ・CAD画面の右下に「レイヤの名称」が表示される.

    ・「作図」を使用して,家具を選択し,室内平面に動線を考えて配置する.



  8. 寸法を「寸法」(レイヤ5)に描く

    ・「レイヤ5」を右クリックし,書込みレイヤにする.数字に赤丸が表示される.

    ・CAD画面の右下に「レイヤの名称」が表示される.

    ・「寸法」を使用して,寸法補助線,寸法線,寸法数値を図面のバランスを考えて配置する.



  9. 文字を「文字」(レイヤ6)に描く

    ・「レイヤ6」を右クリックし,書込みレイヤにする.数字に赤丸が表示される.

    ・CAD画面の右下に「レイヤの名称」が表示される.

    ・「文字」を使用して,図面に部屋名等の文字を記入する.



  10. 印刷に必要なレイヤを表示し図面を確認・印刷する

    ・「レイヤ1-6」を左クリックし,数字に○を表示さす.


[ 目次に戻る ]