Last updated: April 2012 - 2010. Kajiyama                   [ 目次に戻る ]

画像編集 (画像挿入・画像編集・画像同梱)


  1. Jw_cadの図面に画像を挿入することにより,線画以外を含めたプレゼンテーション用の作品をつくることができる.

    注意 2012/04時点の問題 教室のプリンターは,挿入したビットマッブ(.bmp)形式の画像は,図面の中で拡大すると印刷しなくなる.

     
    同じ大きさあるいは縮小したものは印刷できる.できればjpgの画像形式で画像を貼付けるように.


    「画像同梱」 Jw_cad V7より追加されたコマンド

     Jw_cad V6までは,図面と[写真・画像]はパスでリンクするだけで,図面データに[写真・画像]は含まれていなかった.

     [写真・画像]のパスがわかりやすいように,[写真・画像]は同じフォルダに入れて作業しなければならなかった.

     しかし,Jw_cad V7で,「画像同梱」のコマンドが加わり,図面データに[写真・画像]が含まれるイメージでファイルが扱えるようになった.


    ・あなたが作成した図面を利用するCADユーザは,Jw_cad V6 V5もいるので,これまでどおり,

    a. 図面・Jw_cadファイルと[写真・画像]データは同じフォルダに置き,相手に渡すこと.

      [写真・画像]も同時に渡さないと,相手には[写真・画像]が見えない事もある.

    b. Jw_cadファイルと,[写真・画像]データは同じフォルダに置くこと.

      [写真・画像]を図面に貼り付けても見えない場合は,[写真・画像]のおき場所を再確認する.

    c. Jw_cadでは[写真・画像]は文字として扱われる.

     


  2. 図面に画像を貼りむ手順


    1. 画像の読み込み

      ・画像と図面のデータは同じフォルダにあるか,確認したか.

      ・「編集」 -> 「画像編集」をクリックし画像編集画面にする.

      ・「画像挿入」 をクリックし貼りむ画像を読込.

       「ファイルを開く」で貼り付ける画像ファイルを選択する. ファイルの種類は「Bitmap」「jpg」を選ぶ.

       注意 標準ではBitmap「BMP」形式の画像だけが扱える.

         susieプラグインをインストールすると「JPEG/ JFIF」形式の画像が扱える. 「■susieのインストール」参照.







    2. 画像を貼りつける位置をマウスで指定し「画像同梱」.

      ・マウスで図面をクリックすると画像が張り込まれる.

      ・「画像同梱」をクリックし,図面に画像データを含ませる.

      ・確認画面が出るので、[OK]をクリックする.





    3. 画像フィット 画像のサイズを図面にあわせて調整する

      ・画像の縦横比は変えることができない.縦横比の変更はペイントなどの画像処理ソフトウェアを利用する.

      ・「画像フィット」にチェックを入れる.

      (1) まず変更したい画像をアバウトな対角線上の2点ABで指示する.クリックすると赤い囲み線が表示される.

      (2) 次にサイズ調整したいフィット先の範囲を,対角線上の2点CDで指示する.

      (3) クリックすると2点CD赤い囲み線が表示され,この中で画像サイズの調整が行われる.

      ・調整に失敗したら,「戻る」をクリックする.





    4. 画像の移動 図面の中で画像位置を移動する

      ・画像をクリックすると赤い囲み線が表示され,移動先をマウスで指示する.





    5. 画像のトリミング 表示している画像の一部を取り出して再表示する

      ・「トリミング」にチェックを入れる.

      ・画像をクリックすると赤い囲み線が表示され,表示したい範囲を指示する.

      ・トリミングに失敗したら,「トリミング解除」にチェックを入れ,画像を指示しもとの画像の大きさに戻せる.





    6. 画像フィットと画像の回転 画像のサイズを調整と回転を同時に行う

      ・「画像フィット」と「回転する」にチェックを入れる.

      ・まず画像を対角線上の2点で指示する.始点クリックすると矢印が表示されるので対角線上の終点を指示する.

       赤い囲み線が表示される.

      ・次にサイズ調整したいフィット先の範囲を,対角線上の2点で指示する.

       クリックすると赤い囲み線が表示され,画像サイズの調整と回転が行われる.

      ・調整回転に失敗したら,「戻る」をクリックする.




  3. 貼りこんだ写真・画像のサイズの拡大・縮小,回転は 「移動」でも行える

     1. 「移 動」コマンドを選択

     2. 「Page Down」キーを押して画像全体が表示される大きさに画面を縮小表示

     3. 画像選択のために,始点を左クリックし,写真・画像を赤枠で囲み終点を右クリック.

       画像はJw_cadでは文字列として扱われるので必ず右クリック!し,次に「選択確定」をクリックする.

     4. コントロールバー「基準点変更」ボタンを左クリック,写真の基準点を決める.

      「基準点変更」ボタンが表示されないときは,一度書き込みレイヤーボタンをクリックするか,

      全選択ボタンを押してみる.

     5. 移動の基準点として画像の左下を右クリック

     6. コントロールバー「倍 率」ボックスに「1.5,1.5」とX方向とY方向の倍率を入力する.

     7. 移動先を左クリックして貼りこむ位置を決める.



  4. プラグインをダウンロードし,Jw_cadにインストール


    Jw_cadでは,標準では「貼りこむ写真・画像」は「BMP(Bitmap)」形式でなければならない.

    デジカメで使われている「JPEG」「GIF」「PNG」形式の写真や画像を貼りこむためには,

    susieプラグイン 「ifxxxx.spi」をJw_cadにインストールしなければならない.

    「susieプラグイン」の作者のホームページ

    「susieプラグイン」のリンク集

    ここで,最新の

    ・「Plug-in package ver0.xx」(spi320xxx.lzh)をダウンロードする.探せばPNG用もある.


    1. 圧縮されたプラグインのファイル「spi320xxx.lzh」を 解凍ソフトウェアのアイコンの上までもっていき離し解凍する.

    2. 解凍した「spi320xxx」フォルダがデスクトップに作成されている.

    3. 「spi320xxx」フォルダの中にある「ifjpeg.spi」ファイルを,

      右クリックで「マイコンピュータ」- >「C:ドライブ」- >「jww」フォルダの中に入れる.

      教室では,「マイコンピュータ」- >「C:ドライブ」」- >「???」- >「jww」フォルダ

      教室では,授業の度にインストールしなければならない.自宅のPCでは1度行えばよい.

    4. 説明はPLUGIN32.TXTをよく読む.


[ 目次に戻る ]