Last Update: March 2017 - 2000. Kajiyama
[ ガイダンスと目次 ] [第1部 基本操作] [第2部 建築図面の作成] [第3部 設計図面の制作] [ 建築CADの総合目次に戻る ]

建築CAD教本 [2017年度改訂版]  建築技術者のための2-D/3-D CADによる設計製図

第01回  ガイダンスと目次

福岡大学工学部図学教室  梶山 喜一郎


■ 演習課題 の提出と評価の方法
 1. 受講者は,提出図面あるいは試験の解答を,表紙(建築CAD課題作図進行確認表)とともに提出する.
 2. 受講者は,提出し評価検印を受けた図面を,次回授業までに,表紙とともに綴じて保存する.
 3. 多くの受講生がいるので,講師は決められた時間内に提出した図面を,授業中に評価し検印する.

 4. 成績評価
    a. 期末試験の評価  期末試験の得点:50点(成績評価の50%)
    b. 授業参加の評価 50点(成績評価の50%)
      全レッスン出席,全課題提出者はすでに成績評価の50点(50%)を得ている.
      授業中何度も確認するが,宿題を含めて全てのレッスンの参加者を評価する.
      欠席者は1回の欠席ごとに,授業不参加,授業時間内未提出,課題不合格等により原則として15点を限度に減点する.
      欠席せず,チャレンジしてきた受講者は,時間内未提出・不合格印があっても+に評価してきた.
    c. 成績評価は 期末試験+授業参加の合計得点.
 
■ 目次と講義演習スケジュール

進行確認表は準備しています
受講者は,建築CAD課題進行確認表で
学習の到達度を確認する!!

忘れたらこれを印刷し仮・進行表で検印を受ける.


第1部

 CADの基本操作 授業で(1)予習復習の習慣と(2)1人で講義ノートとマニュアルを読む習慣をつける.

  Aクラス(木) Bクラス(金) 
第01回 09/14 09/15 「ガイダンス」/「起動・終了」 「線・文字の操作」
第02回 09/21 09/22 「円・円弧の作図と部分消し」 「窓の作図」
第03回 09/28 09/29 「家具の作図」
第04回 10/05 10/06 「平面図の作図と印刷」
第05回 10/12 10/13 「初級操作試験」 「寸法の記入」
第06回 10/19 10/20 「事務室平面図の立体化」「敷地図+面積表」「CAD実技試験は省略」
 
第2部

 CADによる建築図面の作成  学んだことを学園祭に置いてこないように.

第07回 10/26 10/27 「レイヤと1階平面図の作図」
第08回 11/02 11/10 「レイヤと2階平面図の作図」「1〜2階平面図を1枚の図面に合成」
第09回 11/09 11/17 「CADデータの特徴と図面交換」「連結整理・重複線・着色・画像貼り付け」
第10回 11/16 11/24 「事務所ビル平面図の立体化」   「らせん階段の設計は省略」
 
第3部

 共同での設計図面の制作  大学の授業で (1)チームで設計製図をする習慣をつける.

第11回 11/30 12/01 「共同課題」グループで図面を期間内に作成する課題であることを確認.
第12回 12/07 12/08 「共同課題」「CAD実技試験」
第13回 12/14 12/15 「共同課題」「個人レッスン課題」提出
第14回 12/21 12/22 「共同課題」の仮提出と修正 
第15回 01/11 01/05 「共同課題」の提出 プロッター印刷 1133教室
第16回
-2018/01-
 「期末試験」

■ 教室の環境 (文系センター棟3階PC教室Cと11号館1151PC教室 )

 ●主教材:この講義演習ノート,印刷し製本すること. [ 教師用 配布教材チェック ]   教材借用書
  受講者には補助教材を貸します.

 ●補助教材:(建築設計製図教科書・CADマニュアル)
  1. 2017年度まで 持参「建築設計製図」,実教出版:1年の「建築デザイン基礎II」の授業で使用した教科書
  (1. 2018年度から 持参「建築設計製図」住吉の長屋・屋久島の家・東大阪の家に学ぶ,学芸出版:1年の「建築デザイン基礎II」の授業で使用した教科書)
  2. 持参「構造用教材」,丸善出版:1・2年の授業で使用した教材
  3. 受講生に貸し出す「やさしく学ぶJw_cad5」,エクスナレッジ, 2006.やさしく学ぶJW_cad7」 も使用できる.
  4. 受講生に貸し出す,図面を保存するメデイアはUSBメモリ.懐かしいフロッピィディスクは使用しない.
  5. 授業で使用したJw_cad マニュアルのバージョンについて V5版マニュアル「やさしく学ぶJw_cad5」を演習と解説に用いる.
    解説のページ数はV5版,旧はV4版.

建築設計製図
学芸出版
建築設計製図
実教出版
構造用教材
やさしく学ぶ
Jw_cad 5
やさしく学ぶ
Jw_cad 6
やさしく学ぶ
Jw_cad 7
USBメモリー

 ●2017年度の教室では[Jw_cad V8]を使用する.自宅でのJw_cad for Windowsの最新版と入手方法について
  1. 作者のホームページ 
  2. ダウンロードサイト 窓の杜 Vector
  3. ダウンロードした場合のCADインストールの方法は, V5マニュアル(p8-10)
  4. マニュアル付属のCD-ROM教材のインストールの方法は, V5マニュアル(p11-12)


 ●Jw_cadのバージョンの違いによるデータの互換性に注意する.
  旧V4マニュアル(p302-304)に詳しく解説.

  1. 例えば予習した,自宅で描いたはずの図面がCAD教室では真っ白になる
   自宅で描いたCAD図面を,教室で開くと白紙の状態になることが有る.
   慌てて,図面が無くなったと信じてしまう.
   CAD教室にはお化けは住み着いていない.

  2. この時,図面のデータ数を確認する.
   [設定]-->[基本設定]-->[一般(1)]の下の行に記録しているデータ数を確認する.

  3. データ数が0ならば,
   使用しているCADのバージョンが
   自宅CADのバージョンよりの古いことを示している.
   図面を保存するときのCADのバージョンを低いCADに合わせる.

  4. データ数が0でないならば,用紙を縮小して図面を捜す.
    あるいはレイヤーを変更して表示する.




グループで複数のCADを使う場合,図面は仲間が持っている
CADの最下位のバージョンである旧バージョンで保存する


 ●USBメモリーに授業用「建築CAD」フォルダを作成し,自宅と教室で使う.
  初回の授業で,各自USBメモリーの中に「建築CAD」フォルダをコピー.
  (現在は彼らが指示に従えないので貸し出している.)

  1.「建築CAD」フォルダの内容は,
   (1)「A_Paper(建築製図用紙)
   (2)「ta14xxxx図面フォルダ(受講者の作品・課題の保存箱)
   (3)「CAD授業支援ソフト

  2.「A_Paper(建築製図用紙)」は,授業で使用する課題と製図用紙.

  3.「ta14xxxx図面フォルダ」のxxxxにはあなたの学籍番号を記入する.
   このフォルダに課題,宿題,作品を保存する.

  4.教室では差し込んだ,USBメモリは Fドライブにあり,
   その中に授業で使用する「建築CAD」フォルダがある.
   --2015後期よりシステム変更.


 ・各自USBメモリーを用意.
 ・1G有れば十ニ分.



 ●2009年度から3-D CADの講義と演習を一部に追加する.
  1. 3-D CADによるものの形のモデリング入門 (初級編)
  2. 技術者のための3-D CADによる設計製図  (中級編)


 ●授業での課題提出および保管の方法

  1. 各自受け取った建築CAD課題作図進行確認表[V5]に,
    教師が学習の確認・評価のスタンプを押していく.


  (1) 提出しチェック・検印を受けた図面は,
    毎回表紙(この建築CAD課題作図進行確認表)とともに紐で綴じて保存する.

  (2) 忘れる・なくしたら,ここで印刷し授業中の検印を受ける.検印の再発行はしない.

  (3) 提出日には建築CAD課題作図進行確認表を表紙にし,
    検印を受けた図面と修正した図面をすべて紐で綴じて提出する.

  2. 授業中の教室では,教材の課題と参考図面が,USBメモリーの[Fドライブ]にある.

  (1) 授業で使用する製図用紙は
   [ファイル]->[開く]->[Fドライブ]->「建築CAD」->[A_Paper]の中にある.
   [ファイル]->[開く]->[Pドライブ]->「梶山CAD」の中にある.

  (2) 授業中に追加した演習問題,試験問題などの教材は
   [ファイル]->[開く]->[Pドライブ]->「梶山CAD」の中にある.

  (3) 課題で使用する製図用紙は縮小印刷をしない.
    A2用紙はA3用紙を貼りあわせて提出する.


 ●課題を遅れて出す方法 宿題

  1. 宿題の定義について
  宿題とは,授業時間内に終わらなかった課題を翌週提出できる制度である.中途半端な学習成果を授業の終わりに無理に出されても評価できない.

  課題は,予習復習ができている者には時間内に終わるように計画されているものであるが,
  終わらなかった課題は,次週の授業開始前に受け付ける.また次週の授業中に宿題をやられると授業の妨げになる.

  2. 宿題提出のルールについて
  提出すべき課題のリストはは進行表にファイル名として既に指示している.再度確認する.
  宿題として提出できる者は,提出日以前の授業中の課題を,全て,印刷し終えている受講者に限る.つまみ食いして出さなくてもよい.

  いいかえると,その週の課題を一つ終えてこれをチェックしてもらおうと提出することは認めていない.
  授業に遅れている者が,前週までの課題を,全て順番通り終えたものを宿題として認めている.

  宿題として受け付けるものは,課題を進行表のリストの順番に与えた紐で綴じたものしか受け付けない.


 ●教室のコンピュータ( C: )とネットワークドライブ( F: 建築CAD ) ( H: ホーム ) ( P: 梶山CAD )の関係を理解する.



注意,2005年9月の情報処理教室リニューアルより「MO」が使えない.
    2010年9月のリニューアルより「フロッピー」が使えなくなる.
    さらにドライブ名が変更になる.


 ●Jw_cad Ver.7 参考資料  授業の範囲では「やさしく学ぶJw_cad5」のマニュアルが推薦です.

 □ver.6参考教材: 授業ではVer.5のマニュアルが優れています.
 ・やさしく学ぶJW_CAD6          2008,エクスナレッジ
 ・Jw_cad 6(ver.6) 徹底解説    操作編  2008,エクスナレッジ
 ・Jw_cad 6(ver.6) 徹底解説リファレンス編  2008,エクスナレッジ

 □ver.5参考教材:
 ・はじめて学ぶJW_CAD         2007,エクスナレッジ
 ・やさしく学ぶJW_CAD5        2006,エクスナレッジ
 ・Jw_cad 5(ver.5) 徹底解説  操作編   2006,エクスナレッジ
 ・Jw_cad 5(ver.5) 徹底解説リファレンス編  2006,エクスナレッジ
 ・Jw_cad 5(ver.5) 大事典          2007,エクスナレッジ
 ・いまさら聞けない Jw_cad QA厳選200   2007,エクスナレッジ
 ・Jw_cad 木造住宅設計           2007,エクスナレッジ
 ・Jw_cadとM7で素早く作るプレゼン用カラーパース2005,エクスナレッジ
 ・Jw_cad日影目天空率            2006,エクスナレッジ
 □ver.4参考教材:
 赤本 ・Jw_cad 4(ver.4) 徹底解説    操作編   2004,エクスナレッジ
 緑本 ・Jw_cad 4(ver.4) 徹底解説リファレンス編   2004,エクスナレッジ
 白本 ・厳選Jw_cad 4(ver.4)     一問一答編   2004,エクスナレッジ

 □■DOS版参考教材:
 橙本 ・絶対使えるDOS版-windows 版JW_CAD乗り換えハンドブック2001,
 エクスナレッジ
 黄本 ・JW_CAD for Windows 徹底解説リファレンス編  エクスナレッジ
 黒本 ・JW_CAD for Windows 徹底解説    操作編  エクスナレッジ
 白本 ・実務最優先JW_CAD for Windows 徹底活用術  2002,エクスナレッジ


 ●仲間と話せる専門用語: 各自で調べてください
  CAD,スナップ,レイヤー,単位,縮尺,目盛り・グリッド・作図領域・用紙枠・図面枠,
  DXFデータ,図面ファイル管理
[先頭に戻る]  [建築CADの総合目次に戻る]