[ 総合案内に戻る ]   [ 表紙に戻る ]

Last updated: December 27, 2003. Kajiyama

AutoCAD DWF形式 (CAD図面データの交換)


CADソフトウェア「 AutoCAD」には、図面データとしてDWG/DWF/DXFの3つの形式がある。DWF (Design Web Format) は米Autodesk社が発表したWeb上の図面表示に適したベクトルデータ形式である。図面をDWF形式にすることで、設計データを必要とする人たちに、その配布をすばやく効率よく行うことを可能にする。

このCADに依存しないDWF形式の図面を見るためには「ビューワ」が必要。ビューワを使えば、AutoCADソフトウェアを持たない者でも、設計者の図面を参照することができ、簡単に情報が共有できる。

Autodesk社提供のビューワとして、次の4つがある。

 1. WHIP! ビューワ(無償)
 2. Autodesk Express Viewer(無償) 2.5M
 3. Volo View Express(無償)     50M
 4. Volo View(有償)

1. ブラウザに「WHIP!(R)ビューワ」を組み込むことにより、DWF形式の図面データを表示・印刷することができる。 2003年度時点では、このソフトウェアの配付が終了した。次の「Autodesk Express Viewer」と交代。

2. ブラウザに「Autodesk Express Viewer」を組み込むことにより、DWF形式の図面データを表示・印刷することができる。DWFファイルの編集はできない。MS IEブラウザのみ対応。ネットスケープには対応していない。

3. Volo View Express は、DWG, DXF,DWF形式の図面データを表示・印刷することができる。ただし、Volo Viewに比べると印刷、マークアップ機能に弱冠の制限がある。

4. Volo Viewは、DWG, DXF,DWF形式の図面データを表示・印刷することができる。マークアップ、計測などのフル機能を、さらに、正確なスケールを持つプロッタ出力の機能を提供している。

5. Autodesk社 ダウンロード サイト

6. 使用上の参考事例

7. Autocad データ解説