[ 総合案内に戻る ]   [ 表紙に戻る ]

Last updated: May 19, 2004. Kajiyama

jww_CADの図面に画像を貼りこむ(画像挿入)



(乗り換えマニュアルp41-49)
jwwの図面に画像を貼りこむことにより、プレゼンテーション用の作品をつくることができる。

・jww_CADでは画像は文字として扱われる。

・jwcデーター形式の図面ではこの作業ができない。

・jww_CADファイルと、画像データは同じフォルダに置くこと。


A. 画像・写真を図面に貼りこむ手続き

 1.  画像を貼りこみたい図面を読込

 2. 基本設定の変更

   メニューバ[設定]->[基本設定]->[一般(1)]

   「画像・ソリッドを最初に描画」にチェックを入れる。

   画面の下方にあるので注意して捜すこと。



 3. 書き込みレイヤ (写真を貼り付けるレイヤ)を指定する。

 4. ツールバー「文 字」コマンドを選択。

 5. コントロールバー「 文読」を左クリック。画面の右上にあるので注意して捜すこと。

 6. 「ファイルを開く」で貼り付ける画像ファイルを選択する。

   注意 ファイルの種類を「Text」から「Bitmap」に変更する。でないと画像のファイル名が表示されない。

   練習で使う画像はホームページから「BMP (Bitmap)」形式でダウンロードしておくこと。

   注意 標準ではBitmap「BMP」形式の画像だけが扱える。

      susieプラグインをインストールすると「JPEG/ JFIF」形式の画像が扱える。 「■susieのインストール」参照。

 7. 適当な位置で左クリックし、画像を図面に挿入する。

 8. 画像貼りこみの図面は、必ずjww形式で保存する。

   jwc形式で保存するとせっかくの仕事が亡くなってしまう。


B. 貼りこんだ写真・画像のサイズを拡大・縮小し、目的の大きさに変更する。

 1. 「移 動」コマンドを選択

 2. 「Page Down」キーを押して画像全体が表示される大きさに画面を縮小表示

 3. 始点を左クリック

 4. 表示される赤枠で画像全体を囲み終点を右クリック

   画像は文字列として扱われるので右クリック!し,「全選択」を左クリックする.

 5. コントロールバー「基準点変更」ボタンを左クリック,写真の基準点を決める.

  「基準点変更」ボタンが表示されないときは、一度書き込みレイヤーボタンをクリックするか、

   全選択ボタンを押してみる。

 6. 移動の基準点として画像の左下を右クリック

 7. コントロールバー「倍 率」ボックスに「0.5、0.5」と入力

 8. 移動先を左クリックして貼りこむ位置を決める。

 9. 図面はjww形式で保存する。


C. JWW_CADでは、「貼りこんだ写真・画像」を「文字列」として扱う。



 ■susieのダウンロードとインストール


(乗り換えマニュアル p22-23)
JWW_CADでは、「貼りこむ写真・画像」は「BMP(Bitmap)」形式でなければならない。

デジカメで使われている「JPEG」形式の写真や画像が使えるためには、

附録のCD-ROMにある「susieプラグイン ifjpeg.spi」を新にインストールしなければならない。

「susieプラグイン」の作者のホームページです

ここで、最新の

・「JPEG plug-in 0.xx」(ifjpeg xxx.lzh)か

・「Plug-in package ver0.xx」(spi320xxx.lzh)をダウンロードする


1. 圧縮されたプラグインのファイル「spi320xxx.lzh」を 解凍ソフトウェアのアイコンの上までもっていき離し解凍する。

2. 解凍した「spi320xxx」フォルダがデスクトップに作成されている。

3. 「spi320xxx」フォルダの中にある「ifjpeg.spi」ファイルを、

  右クリックで「マイコンピュータ」-- >「C:ドライブ」-- >「jww」フォルダの中に入れる。

  教室では、「マイコンピュータ」-- >「C:ドライブ」-- >「Program Files」-- >「jww」フォルダ

  教室では、授業の度にインストールしなければならない。自宅のPCでは1度すればよい。

4. jpegだけを使うためには,「spi320xxx」フォルダの中にあるその他のファイルは不要。説明はPLUGIN32.TXTをよく読む。