Last updated: October 2009. Kajiyama                    [ 目次に戻る ]

「Rエディタ」を使用する


  1. 「Rエディタ」を利用したコマンド入力

    「Rコンソール」画面上で数式やコマンドを記述すると間違いも多く,同じ綴りの入力を繰り返すことがある.

    「Rエディタ」画面上に,数式や,コマンドを記述し,これに修正を加えながら,データの作成や解析を行う.


  2. 「Rエディタ」の起動

    「Rコンソール」画面のメニューから「ファイル」−>「新しいスクリプト」をクリックすると,「Rエディタ」画面が現れる.

    ・ここに,数式や,コマンドを記述する.




  3. 式やコマンドを実行するには,カーソルで,式やコマンドを指定し,反転させる.




  4. Rエディタ」の「編集」−>「カーソル行または選択中のRコードを実行」をクリックすると,

    「Rコンソール」画面上で計算結果が表示される.







[ 目次に戻る ]