Last updated: October 2008. Kajiyama                    [ 目次に戻る ]

データフレームを「表計算シート・ファイル Excel.xls」で保存する

 write.xls ( データフレーム名, "ファイル名.xls" )


  1. データフレームの表示


    x #  と記述しRの内部のデータフレーム x を,表示し確認する.




  2. 「 library("パッケージ名") 」で,インストールしたパッケージ「xlsReadWrite」をRの内部に読み込む

    library ("xlsReadWrite") #  と記述し,パッケージを使用可能にする.



  3. Rの内部にあるデータフレーム x を外部に「表計算シート・ファイル Excel.xls」で保存する write.xls (x, "ファイル名.xls")

    write.xls (x, "麻雀_xls.xls") #  と記述し,

    Rの内部のデータフレーム x を,「麻雀_xls.xls」のファイル名で,Rの外部の「作業ディレクトリ」に保存する.

    サンプルの行番号 1 2 3・・・・は外部ファイルに保存されない.


    ・作業ディレクトリ 「R_ANALYSIS」 フォルダについては,初期設定 Win_XP編 ・ Win_Vista編を参照



[ 目次に戻る ]